「Apple Watch」専用アプリ「Companion」に関する詳細情報やスクリーンショットが大量公開

Apple watch companion 【img via 9To5Mac

昨日公開された「iOS 8.1.2 beta 4」の中に「Apple Watch」を操作するためのアプリが用意されていることが明らかになった。


先日、12インチ型「MacBook Stealth」の一部詳細を報じて話題となった9To5MacApple Watch」の専用アプリ「Companion」に関するスクリーンショットを大量公開していたので、一部紹介する!

Apple Watch」の各種設定を行う専用アプリ

Companion home screen
「Companion」は「Apple Watch」の専用アプリとして見た目からプライバシーまで、各種設定がまとまっている。紹介されている機能や仕様のうち、主要なものをかいつまんで載せておく。

ホームスクリーンや時計機能

  • 独特な「Watch UI」が特徴の「Apple Watch」だが、各アプリの配置などは「Companion」から行う。
  • フェイスにデジタルなモノグラムを配置できる「Monogram」機能を搭載。個性を発揮できるように。

メッセージ機能

  • 「Apple Watch」にはキーボードがないため、iPhoneに受信したメッセージを「Apple Watch」から反応するには音声を利用する仕様に。
  • Siriのように発した言葉を文字に変換する「Dictation」、または「iOS 8」から導入された音声メッセージ「Audio Reply」で返信可能。
  • すぐに返信できるテキストメッセージのユーザープレセットも用意できる。

パスコードと「Apple Pay」

  • iPhoneと同様に4桁のパスコードを設定可能。
  • パスコードの入力はペアリングされたiPhoneで行う。
  • 「Apple Pay」を利用するためにはiPhoneでパスコードの入力が必須。つまり、手首をかざすだけでは買い物完了、という訳にはいかないようだ。

フィットネス機能

  • 長時間座っていると体を動かすべきだと通知する機能が用意。
  • 目標に対しての進捗を通知する機能(4・6・8時間おきのいずれか)が用意。

特別秀でた仕様は無さそうだが、気になる

「Apple Watch」にはストレージ容量も用意されているとのこと。過去にAppleは音楽を入れることができると明言していた。

スクリーンショットや明らかになった仕様を見る限り、それほど画期的な内容もなく、これまで見てきたスマートウォッチと大差無いように思える。


ただし、やはりここはiPhoneと連携することを前提として作られたデバイスということで、どれほど快適に動作するのかは気になるところ。個人的にはフィットネス関連機能がどれほど作りこまれているのか、昨年発表された「UP3」を上回るような機能が用意されているのか、気になっている。

原文には他にも多数のスクリーンショットが公開されているので、気になる人は以下からどうぞ!


(via 9To5Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー