「Apple Watch」には電池消費を抑える「Power Reserve」モードが用意される?!

Apple Watch Power Reseerve Mode 【img via 9To5Mac

Apple Watch」の電池持ちは芳しくない。Tim Cook氏もこれまで質問される度に「毎晩充電する必要がある」と答えてきたが、その1日分の電池持ちを実現するために欠かせない機能が明らかになった。


The New York Timesによると、Apple Watch」には電池消費を抑える「Power Reserve(パワーリザーブ)」モードが用意されると報じている!

時間表示以外の機能を制限するパワーセーブモード

この機能については3月9日に予定されているスペシャルイベントで明らかになると予想されるが、情報元によると「Power Reserve」モード時は「Apple Watch」のスマートウォッチ機能は全て制限され、時間表示のみになるとのこと。恐らくiPhoneからの通知も受けられないと予想される。

以前、9To5Macは「Apple Watch」の電池持ちが24時間に満たないどころか、ハードに使用すると2.5時間で電池切れする可能性があると報じていた。


最終的な連続使用可能時間はまだ明らかになっていないが、この「Power Reserve」モードを有効にした場合であれば1日以上の電池持ちが実現されることに期待したい。

(via 9To5Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. 15インチ型「MacBook Pro」の動画編集性能を2016/2015モデルで比較ーーFinal CutとPremiere Pro
  3. 【レビュー】実際どう?超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(2/3)【Sponsored by Sony】
  4. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール4日目の特選品
  5. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!