「Apple Watch」のスペックや価格など、把握しておくべきことまとめ

Apple Watch Event
本日のスペシャルイベントの主役は「Apple Watch」。日本国内でも4月24日から発売が開始されることも発表された。

昨年9月に発表された内容に加えて、今回は今まで明らかになっていなかった電池持ち本体の価格などの情報も明らかになった。

概要をまとめると以下の通り:

  • Apple Watchは耐水仕様(防水仕様ではない)
  • Apple Watchの各モデルの価格
  • Apple Watch用交換バンドと充電器の価格
  • 電池持ちは18時間
  • 国内発売は4月24日から、4月10日から予約受付開始
  • iPhoneを取り出さずに通話が可能
  • 伊勢丹で展示へ、Dover Street Market Ginzaで販売も
  • 多数のサードパーティ製アプリが対応


続きに「Apple Watch」のスペックや仕様、特徴などに加え、把握しておくべき内容をまとめたのでどうぞご覧あれ!

「Apple Watch」のスペック・仕様まとめ

Apple Watch SportApple WatchApple Watch Edition
サイズ38mm
42mm
38mm:38.6mm
42mm:42.0mm
38mm:33.3mm
42mm:35.9mm
厚さ38mm:10.5mm
42mm:10.5mm
重量38mm:25g
42mm:30g
38mm:40g
42mm:50g
38mm(イエローゴールド):55g
38mm(ローズゴールド):54g
42mm(イエローゴールド):69g
42mm(ローズゴールド):67g
特徴
  • ルバーまたはスペースグレイの酸化皮膜処理されたアルミニウムケース
  • Ion-Xガラス
  • 感圧タッチに対応したRetinaディスプレイ
  • 合成裏蓋
  • ステンレススチールピン式スポーツバンド
  • Digital Crown
  • 心拍センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ
  • 環境光センサー
  • スピーカーとマイクロフォン
  • Wi-Fi (802.11b/g/n 2.4GHz)
  • Bluetooth 4.0
  • 最大18時間駆動するバッテリー
  • 耐水仕様
  • ステンレススチールまたはスペースブラックのステンレススチールケース
  • サファイアクリスタル
  • 感圧タッチに対応したRetinaディスプレイ
  • セラミック裏蓋
  • Digital Crown
  • 心拍センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ
  • 環境光センサー
  • スピーカーとマイクロフォン
  • Wi-Fi (802.11b/g/n 2.4GHz)
  • Bluetooth 4.0
  • 最大18時間駆動するバッテリー
  • 耐水仕様
  • 18Kイエローゴールドまたはローズゴールドのケース
  • サファイアクリスタル
  • 感圧タッチに対応したRetinaディスプレイ
  • セラミック裏蓋
  • Digital Crown
  • 心拍センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ
  • 環境光センサー
  • スピーカーとマイクロフォン
  • Wi-Fi (802.11b/g/n 2.4GHz)
  • Bluetooth 4.0
  • 最大18時間駆動するバッテリー
  • 耐水仕様

  • Apple Watchは耐水仕様(防水仕様ではない)

    Apple Watch Waterproof
    イベント前ではTim Cook氏が「毎晩付けたままシャワー浴びてる」」と発言したことから防水仕様であることが期待されたが、結果的に防水ではなく、耐水仕様となっていることが明らかになった。なお、レザーバンドは耐水性がないとのこと。

    Apple Watchは防沫性能と耐水性能を備えていますが、防水性能はありません。例えば、エクササイズ中、雨の中、手を洗う時にApple Watchを着用および使用できますが、Apple Watchを水に浸すことは推奨しません。Apple WatchにはIEC規格60529にもとづくIPX7等級の耐水性能があります。レザーバンドは耐水性ではありません。

    via Apple Watch – 予約注文は4月10日から – Apple Store(日本)


    Apple Watchの各モデルの価格

    Apple watch
    今回の注目ポイントは「Apple Watch」の価格。Sportシリーズの38mmモデルが最安となっていて、42,800円から。最上位モデルであるEditionシリーズは最大2,180,000円にもなるそうだ。

    モデル38mm42mm
    Apple Watch Sport42,800円〜48,800円〜
    Apple Watch66,800円〜71,800円〜
    Apple Watch Edition1,280,000円〜1,480,000円〜

    【速報】「Apple Watch」、日本は4月24日から発売開始 | gori.me(ゴリミー)

    「Apple Watch」シリーズはバンドによって価格が変わり、最高価格が132,800円になるとのこと。一方、「Apple Watch Edition」シリーズの最高価格は2,180,000円にもなるとのことで、一部の店舗のみで取り扱いがある



    Apple Watch用交換バンドと充電器の価格

    Apple Watch Event
    交換用バンドと充電器の価格も明らかになっていたのでまとめておく。

    交換用バンドの価格

    バンドの種類カラー対象モデル、提供サイズ価格
    スポーツバンド全6色38mm・42mm用5,800円
    ミラネーゼループ38mm・42mm用17,800円
    レザーループ全4色42mm用、M・Lの2サイズ17,800円
    ブラッククラシックバックル42mm用17,800円
    モダンバックル全4色38mm用、S・M・Lの3サイズ30,800円
    リンクブレスレット38mm・42mm用54,800円

    充電器の価格

    Apple Watchマグネット式充電ケーブル(1m)3,500円
    Apple Watchマグネット式充電ケーブル(2m)4,500円

    電池持ちは18時間

    Apple Watch Event
    1日電池が持たないと懸念されていた「Apple Watch」だが、本日、電池持ちは18時間であることが発表された。

    他のスマートウォッチに比べると少ない方ではあるが、Retinaディスプレイを搭載し、後に後述する多数のサードパーティ製アプリが用意されていることを考えると、18時間という数字は非常に健闘していると言える。実際、普段腕時計を付けている時間を考えると18時間もれあれば十分だろう。

    1日の終わりにマグネット式充電ケーブルに接続すれば充電すればいい。

    Apple Watch Event
    なお、18時間という数字を出した使い方は以下の通り:

    試作ソフトウェアを使用してiPhoneとペアリングしたApple Watch試作ハードウェアとソフトウェアを使用し、2015年3月にAppleが実施したテスト結果によります。一日中持続するバッテリーは、18時間の間にチェックを90回、通知を90回、アプリケーションの使用を45分間、Apple WatchからBluetooth経由で音楽を再生しながらワークアウトを30分間行った結果にもとづきます。バッテリー駆動時間は使用条件とシステム構成によって変わり、実際の結果は異なる場合があります。

    via Apple Watch Sport – 予約注文は4月10日から – Apple Store(日本)


    iPhoneを取り出さずに通話が可能

    Apple Watch Event
    「Apple Watch」は電話をポケットに入れたまま通話することが可能。ただし、スピーカーフォンになるため、個別で話したい場合はiPhoneを取り出した方が良さそうだ。

    多数のサードパーティ製アプリが対応

    Apple Watch apps
    「Apple Watch」が持つ、他のスマートウォッチにはない強みとして多数のアプリが用意されていることが挙げられる。イベント中にはTwitterやInstagram、WeChatなどのコミュニケーションアプリのWatchアプリが披露された。街中の音楽をすぐ調べたがるくせのある僕にとってShazamのWatchアプリは非常に魅力的。

    Apple Watch apps
    Shazam Apple Watch
    もちろん、Apple純正アプリも披露。PassBookや「Apple Pay」もWatchアプリが用意されている。

    PassBook Apple Watch
    Apple Pay Apple Watch

    伊勢丹で展示へ、Dover Street Market Ginzaで販売も

    Apple Watch Event
    「Apple Watch」は決してガジェットではない。モデルによっては「MacBook Air」の方が安い場合もある。

    購入する前に実物を見てみたい、という人のために国内では伊勢丹ならびにDSM Ginzaで展示されることが発表された。DSM Ginzaに至っては販売も行うとのこと。

    Apple Watch will also be available to preview or try on at Galeries Lafayette in Paris, Isetan in Tokyo and Selfridges in London on April 10. Apple Watch will be for sale on April 24 at these select department store shop-in-shops, and at boutiques in major cities across the world including colette in Paris, Dover Street Market in London and Tokyo, Maxfield in Los Angeles and The Corner in Berlin.

    via Apple – Press Info – Apple Watch Available in Nine Countries on April 24


    国内発売は4月24日から、4月10日から予約受付開始

    Apple Watch Event
    国内における「Apple Watch」の発売びは4月24日。予約受付と店舗の展示会氏は4月10日から行われる模様。

    Apple Watch Event
    皆さんは「Apple Watch」を買いますか?僕は買う予定だが、どのモデルにしようか…悩み中!価格と相談ですかね…。

    Apple公式サイトApple Watchの各モデルとアクセサリをチェック!

    オススメ

    gori.meの最新情報をチェック!!

    1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
    2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
    3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
    4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
    5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー