新型「Apple Watch」、電池容量は36%アップ?!バッテリーの写真が流出か

Apple Watch Battery Surface
Apple Watch」の新モデルが今秋発売されると噂されている。iPhoneとセットで使用するデバイスであることから、9月7日に開催される見通しの「iPhone 7」発表イベントで披露されるのではないかと予想している。


その新モデルとなる「Apple Watch」に搭載されるとされるバッテリーの写真Weiboに投稿されていたので、紹介する!

電池容量が大幅アップで連続使用可能時間もアップ?!

Apple Watch」にはまだまだ沢山の不満があるが、何よりも不満なのは動作が遅いことと電池持ちが悪いこと。前者は「watchOS 3」で大幅に改善される予定となっているが、電池持ちに関してはOSのアップグレードだけでは限界がある。

今回リークされた写真に写っているバッテリーは42mmモデル用となっていて、電池容量は334mAhとなっている。現行モデルの同サイズは電池容量246mAhとなっていて、約36%も電池容量が増えていることになる。

iPhoneと同様に電池容量が増えることによって電池持ちが改善されるとは限らない。このリークされたバッテリーが本物だったとしても、追加の電池容量は次期モデルに搭載されるGPSによって必要とされる電池持ちをカバーしているに過ぎないかもしれない。

情報元によると、新型「Apple Watch」は現行モデルと外観はほとんど変わらないと指摘。プロセッサはアップグレードされるため、今よりも動作はキビキビしてそうな予感。以前の噂では防水性能の向上も報じられていた。

Apple公式サイトApple Watchの各モデルとアクセサリをチェック!


(via 気になる、記になる…

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. 15インチ型「MacBook Pro」の動画編集性能を2016/2015モデルで比較ーーFinal CutとPremiere Pro
  3. 【レビュー】実際どう?超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(2/3)【Sponsored by Sony】
  4. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール4日目の特選品
  5. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!