今日何歩歩いた?!「Apple Watch」でその日の歩数を確認する方法

Apple Watchで歩数を確認する方法
Apple Watch」をするようになってからその日の消費カロリーと移動距離に加え、歩数が気になるようになった。夏に向けて身体を絞る上で日々の運動量を把握する上では非常に便利だ。


実は「Apple Watch」で歩数が確認できるのだ。気付いていない人も多いかもしれないので、「Apple Watch」でその日の歩数を紹介しておく!

「Apple Watch」の「アクティビティ」アプリで確認

確認する方法は非常に簡単だ。文字盤画面から一度デジタルクランを押し、「Apple Watch」のホーム画面を表示する。他にも時計のフェイスにアクティビティへのショートカットを置いている場合はそこをタップしたり、グランスに追加している人は文字盤画面で上方向にスワイプし、左右にスワイプしていれば同じ画面が表示されるはず。

アクティビティアプリを開き、カラフルな画面を上方向にスワイプするか、デジタルクラウンを上に回す。

Apple Watchで歩数を確認する方法
するとその日のアクティブカロリーの他、合計歩数と合計距離が表示される。この写真を取った時、僕は615kcalを消費し、10,475歩歩き、10.03km移動していたということになる。この日は7kmのランニングをしていたので、この数値はおおよそ正しいだろう。

Apple Watchで歩数を確認する方法

iPhoneの「アクティビティ」アプリなら過去の歩数も確認可能

これらの情報はiPhoneの「アクティビティ」アプリでも確認することが可能。同アプリを立ち上げ、「履歴」タブを下の方にスクロールすると歩数や移動距離が表示される。

今日何歩歩いた?!「Apple Watch」でその日の歩数を確認する方法
「Apple Watch」は当日の情報しか確認できないが、iPhoneアプリであれば当日だけではなく過去のデータも遡って確認することができる。「この日、3万歩も歩いたんだよ!」と自慢したい時にでも活用するべし。

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった