ガッツリ洗う!「Apple Watch」のデジタルクラウンをお手入れする方法

Apple Watch In Water
毎年、「Apple Watch」に新しいモデルが発表されるという保証はどこにも無い。昨日「Apple Watch」の本体とバンドのお手入れ方法を紹介したが、身に付けるものだからこそ、長く使い続けることを前提として綺麗に保つことに越したことはない。


Apple Watch」にはデジタルクラウンとサイドボタンという2つのボタンがあるが、使用頻度はデジタルクラウンの方が圧倒的に多いはず。使っているうちに動作が不安定になることもあると思うので、本記事ではApple Watch」のデジタルクラウン周りをお手入れする方法を紹介する!

耐水性を活かしてぬるま湯で晒し、デジタルクラウンを回す

「Apple Watch」は防水仕様ではなく、あくまでも耐水仕様。とは言え、15分間水に浸かっていても動作することは分かっているので、シャワー時に着用していても問題ない。


Appleサポートにはその耐水仕様を活かしたお手入れ方法が紹介されている。

  1. Apple Watch の電源を切り、充電器から外します。
  2. レザーバンドをお使いの場合は、Apple Watch から取り外します。
  3. 蛇口から弱めの水流でぬるま湯を出し、その下にデジタルクラウンを 10 〜 15 秒さらします。石鹸や洗剤は使わないでください。
  4. デジタルクラウンと筐体の狭いすき間を水で流しながら、デジタルクラウンを回したり押したりする動作を続けます。 
  5. Apple Watch を糸くずの出ない柔らかいクリーニングクロスで拭いて乾かします。

via Apple Watch のデジタルクラウンに問題がある場合 – Apple サポート


上記方法によれば、ぬるま湯に晒しながら、デジタルクラウンを回したり押したりすることをAppleは公認している。ただし、バンドのお手入れ方法でも紹介した通りレザーバンドは耐水性が無いため、洗う際には本体から取り外す必要があるので注意が必要だ。

上記方法でお手入れを続けていても、突然、デジタルクラウンが動作しなくなってしまうこともある。その場合は下記記事で紹介した強制再起動を実施しましょう。それでも動作しない場合はAppleのサポートセンターに問い合わせを検討するべし!


オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー