「Apple Watch」のUDIDをMacで調べる方法

Apple Watchのスポーツバンド・レザーバンドは付けたまま作業できる
iPhoneやiPadの個体識別番号「UDID(Unique Device IDentifier)」を調べるのは比較的簡単だ。UDIDを調べるためのアプリもApp Storeに公開されているほどだ。

ただ、「Apple Watch」の場合はどのように調べるのか。iDownload BlogApple Watch」のUDIDをMacで調べる方法が取り上げられていたので、紹介する!

XcodeとApple WatchとペアリングされたiPhoneが必要

まず、前提として「Apple Watch」のUDIDを調べるためにはXcodeを使用する。よって、この方法はMacが手元に無ければ調べることができない。加えて、UDIDを調べる「Apple Watch」がペアリングされているiPhoneも手元に用意する必要がある。

以下がその手順だ。

1. Xcodeをダウンロード、インストール

まずはXcodeをダウンロードし、インストールする必要がある。無料なので、ご安心を。


2. iPhoneをMacと接続し、Xcodeを立ち上げ「Devices」をクリック

Devices
インストールが完了したら「Apple Watch」とペアリングされたiPhoneをMacに接続し、Xcodeを立ち上げる。メニューバーに「Window」という項目があるので、その中にある「Devices」という項目をクリック。キーボードショートカット「shift + command + 2」でも表示することができる。

3. iPhoneをクリックし、「Apple Watch」の「Identifier」を右クリックしてコピー

Xcode
あとは簡単だ。ペアリングされているiPhoneをクリックすると、「Paired Watch Information」という項目の下に「Apple Watch」が表示されるはず。「Identifier」という項目の右に表示されている文字列が「UDID」。これを右クリックしコピーすれば完了!


「Apple Watch」のネイティブアプリも今秋にリリース予定となっているため、まだ現時点では「Apple Watch」のUDID」を活用する機会はそれほど無いかもしれないが、今後は専用アプリのデバッグに活用することが増えるかもしれない。その時は上記方法でUDIDを取得するべし!

▼「Apple Watch」をより便利に活用するための方法もチェック!

Apple公式サイトApple Watchの各モデルとアクセサリをチェック!

オススメ
Apple-Watch-Usage-Review-02.JPG

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. iPhone-6s-In-Depth-Review-15.jpg
    「iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合、製造工程に問題があったと判明
  2. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  3. macbook-pro-2016-gpu-freaking-out
    「MacBook Pro (Late 2016)」のGPUに関する不具合、影響範囲が拡大中
  4. 25-more-hidden-ios10-features.png
    「iOS 10.2 Beta 5 / Public Beta 5」、配信開始
  5. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法