「iRadio」はWWDCで発表されることが確実に?!ついにソニー・ミュージックとのライセンス契約で合意!

iRadioのビジネスモデルが秀逸
WWDC2013の「One more thing.」は「iRadio」の発表になるのか?!

以前から噂されているApple独自のインターネットラジオサービス「iRadio」。今週頭には各音楽レーベル会社とクロージングに向けて急ピッチで進行中という情報もあったが、依然としてソニー・ミュージックとの交渉が難航している模様だった。

その交渉もついに終わりを迎えたようだ!AllThingsDによるとAppleはソニー・ミュージックとのライセンス契約で合意に至ったと報じている!これでついに大手音楽レーベル3社との契約が完了したということになる!

「iRadio」リリースに向けて死角なし!WWDCで発表か?!

ワーナーミュージックとユニバーサルミュージックとは今週の早い段階で合意に至り、難航していたソニー・ミュージックとの合意が完了。情報によるとまだ協議するべき内容は多少残っているものの、概ね「iRadio」としてサービスを進める上では問題なさそうだ。

このままWWDC2013で発表されるという見方が強いが、発表はされるもののサービスのリリース自体はまだ先になりそうだ。「iRadio」はビジネスとしてとてもよくできていてAppleと音楽レーベルが双方に大きな収益をもたらす座組が組まれている。

新しい音楽が自分の趣味嗜好に合わせて発掘できるという点において、僕は「iRadio」にかなり期待している!今用意されているような人気ランキングとはまた違った形で新しい音楽に出会える仕組みを早く体験したい!

WWDC2013まであと少し!gori.meはモリモリ更新していくのでお楽しみに!

「iRadio」のディスプレイ広告でAppleに支払う料率は脅威の90%!それでも音楽レーベルが前向きな理由

(via Cult Of Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー