「iWatch」、フレキシブル有機ELディスプレイを採用か?!

IWatch iPhone Interaction
Appleが水面下で進めているウェアラブルデバイスは湾曲ディスプレイの普及に一役買うことになるのか?!

The Chosun Ilboによると、業界筋の情報としてAppleが開発していると言われているスマートウォッチ「iWatch」はフレキシブル有機ELディスプレイを採用すると報じている!

省電力で発色が良い有機ELディスプレイを採用?!

有機ELディスプレイ最大の特徴は省電力であること。自発光であるためバックライトが不要となり、薄く軽量化することが可能。常に身につけるようなデバイスにとって小型化・軽量化は必要不可欠。ましてや腕時計ともなれば電池の長持ちは必須。有機ELディスプレイは「iWatch」が必要とする条件を満たす理想的な技術かもしれない。

情報元によると、「iWatch」は複数のディスプレイサイズに対応するようで、既に1.3インチ、1.4インチ、1.5インチのディスプレイを搭載したプロトタイプを準備中であるとか。絶対にあり得ないとは思うが、くれぐれもSamsungの「Galaxy Gear」のようなお粗末なデバイスにならないことを祈る。

Samsung製スマートウォッチ「Galaxy Gear」が正式発表!電池は1日しか持たないらしい | gori.me

(via 気になる、記になる…

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法