Apple、iPhoneの全カラーモデルを広告やキャンペーン用として使用することを正式に許可!

Apple Product Images
これまで広告やプロモーション、マーケティング用途としてiPhoneはブラックモデルのみ使用を許可するとしていた。

iPhone 5s」「iPhone 5c」の発売開始を受けて、「マーケティング/広告ガイドライン」が更新され、iPhoneの全カラーモデルを広告やキャンペーン用として使用することを正式に許可されることが分かった!

シルバならびにゴールドモデルもPR用素材として使用可!

街中でiPhoneのホワイトモデルを使用した広告やキャンペーンなどを見かけることは多い。特別な許可を取っている可能性もあるが、少なくともこれまでは「マーケティング/広告ガイドライン」において許可されていなかった。Appleも規定は設けてはいたものの厳しく取り締まることはしてなかったので、暗黙の了解として使用され続けてきたのだろう。

App Store Marketing Guidelines – Apple Developer


今回、「iPhone 5s」「iPhone 5c」が発売されてから記載されている内容が一部更新され、ブラック(スペースグレイ)の他、シルバーやゴールドモデルも使用することが正式に許可された。これで自信を持って広告バナーを作ることができるね!

ちなみに、「Apple Product Images」の中にはそれぞれの端末用の素材がzipで固められて置いてあるので、欲しい人はチェックしておくべし!

(via 9To5Mac

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった