「iWatch」は健康管理機能が充実?!光学センサーを利用した心拍数や血中酸素濃度の測定が可能に?!

Mioalpha
iWatch」は単なるiPhoneと連動するガジェットではなく、健康管理をサポートするウェアラブル・ヘルスモニター・デバイスになるのかもしれない!

中国メディアElectrical Engineering Timesによると、Appleは「iWatch」で心拍数や血中酸素濃度を測定可能にするセンサーを搭載する可能性があると報じている!

光で心拍数で血中酸素濃度が測定できる?!

腕時計型デバイスで一体どのようにして心拍数や血中酸素濃度を測定するのか、気になる人も多いのではないだろうか。Appleはこれらを医療現場で採用されている光学センサーを利用して実装しようとしているそうだ。

まず、血中酸素濃度は、2つの異なる波長を持つ光を光学センサーから発し、血中でどのように光が吸収されるかによって酸素濃度を計ることができるとのこと。一般的には指先で測定するが、手首に巻いた状態で測定することは不可能ではないそうだ。

光学センサーを利用した心拍数の測定に関しては冒頭の画像にもある「MIO Alpha」と呼ばれるデバイスで既に採用されている。従来は測定するするためにチェストストラップが必要とされていたが、血中酸素濃度はどうように光を肌に当てることによって毛細血管内の血の流れを判断ことができ、心拍数が測定可能になるそうだ。

ただし、「MIO AlphaのファウンダーLiz Dickinson氏によると、心拍数をこの手法で測定するためには光学センサーを皮膚に密着させる必要があるとのこと。また、「MIO Alphaには正確な測定結果を出すために加速度センサーやノイズフィルターを実装していることから、Appleも同様の技術を採用する可能性があるそうだ。



(via MacRumors

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった