【非公式】もしAppleがガラケーを作ったらこうなる!?「ガラケイPhone 6」のコンセプトイメージが公開

Feature Phone Apple Martin Hajek
今や「スマートフォンを持っていて当たり前」の世の中だが、このガラケーが本当に登場した日には多くのAppleファンがガラケーに戻るかもしれない!

過去に多数のコンセプトイメージを公開してきているMartin Hajek氏がApple版ガラケーのコンセプトイメージ「ガラケイPhone 6」を公開していたので、紹介する!

2つのディスプレイを活かした折り畳み式ガラケー

気になる、記になる…によると、Hajek氏は大の日本好きだという。彼のイメージするApple版ガラケーはストラップホールや背面液晶を用意するなど、ガラケーの特徴をしっかりと捉えながらもAppleのテイストを巧妙に再現した作品となっている。
Feature Phone Apple Martin Hajek
「Touch ID」は開いた状態のテンキーの上に用意。テンキーもタッチ式。結果的にディスプレイが2枚になり、DSのような使い方ができるのであればむしろiPhoneよりも便利になるかもしれない。
Feature Phone Apple Martin Hajek
折りたたんだ状態では背面にあるディスプレイにAppleロゴが表示される。着信やメール受信がある場合はその内容が表示される。
Feature Phone Apple Martin Hajek
並べているガラケーはamadanaケータイことN705i。画面にはLINEが表示されていることによって日本向けである印象が強まる。文字入力エリアが広く使えることにより、画面半分はキーボード、その上は予測変換候補が広く表示されるのは便利そうだなあ。
Feature Phone Apple Martin Hajek
他にも多数の画像が公開されているので、以下からどうぞご覧あれ!



(via 気になる、記になる…

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法