「Apple Pay」が目指すは米国版おサイフケータイ?買い物以外の用途でも利用可能にするために関係者と協議中

Using apple pay on macdonalds
携帯電話だけでコンビニで買い物をしたり、バスや電車に乗ったりするのは、今や日本では当たり前の光景だ。Appleが「Apple Pay」で提案しようとしている未来は、既に日本で実現しているのだ。


The Informationによると、Appleは「Apple Pay」をモバイル決済以外の用途でも利用可能にするために関係者と協議中であると報じている!

財布にあるカードを全て「Apple Pay」に統合することを目指す?!

確かに僕らは様々なカードを持ち歩く。クレジットカード数種類に会社のIDカード、ポイントカード、SuicaやPASMOなど、パッと思いついたものを言っただけでも明らかに多い。そしてこれらのせいで財布が分厚くなっている。お札で分厚くなって欲しいのに…。

「Apple Pay」が目指している未来は日本のおサイフケータイと非常に似ている。何かを買う時だけではなく、交通機関でもかざすだけで乗車できるようにしたいようだ。

日本で実現したら多くの会社員が喜びそうなのは、セキュリティカードを「Apple Pay」に統合すること。会社に入る時にカードを探すことなく、手に持っているであろうiPhoneをかざすだけで入館できる世の中になる。


現在、「iPhone 6」や「iPhone 6 Plus」に搭載されているNFCチップはデベロッパー向けに解放されていないが、Cult Of Macが得た情報によると、Appleは将来的に利用できるようにする見通しであると報じている。

iPhoneを使っている人ならば、iPhoneさえあればほぼ何でもできる世の中は間違いなく便利だ。日本ではどうなるか分からないが、既存サービスと上手く連携できる仕組みができるといいなあ。

(via Cult Of Mac

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトムービーが公開ーー5.8インチ型の曲面有機ELディスプレイ搭載、ワイヤレス充電対応
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法
  4. 次期iPhone、防水性能が「iPhone 7」よりもさらに強化されIP68等級に?!
  5. バックアップ必須!新しいiPhoneに機種変更する前にやるべきことまとめ