Apple、ウェブストリーミング型テレビサービスは「WWDC 2015」で発表されない見通し

Apple TV
Appleが一向に変わらないテレビを再定義する……のはもう少し先になるかもしれない。少なくともコンテンツに関しては。


以前、Appleがウェブストリーミング型テレビサービスを準備していると伝えたが、Re/codeによると6月には間に合わず、発表は新型「Apple TV」が発表されてから追って発表されると報じている!

テレビサービスは早ければ今年後半、来年になる可能性もある

これらの情報は関係者によって明かされたもの。放送局との契約が完了しておらず、正式にリリースされるのは早くても今年後半、遅ければ来年にまで持ち越される可能性があるようだ。

契約の障壁となっているのは、ローカル放送局の配信情報を取り入れること。後発であるAppleが同じくウェブストリーミング型テレビサービスを提供しているDishの「Sling TV」など他社と差別化するためには必要なコンテンツであるようだ。

Appleが準備しているテレビサービスは月額30〜40ドルになる見通し。チャンネル数は約25種類用意され、各iOSデバイスから視聴できる予定。

なお、「Apple TV」の新モデルは「WWDC 2015」で発表される


(via 9To5Mac

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法