Apple、アメリカやヨーロッパでMVNOサービス事業に参入か?!

Talking on iphone 【img via MLazarevski

リーズナブルな料金でiPhoneを使いたい、海の向こうに住む皆さんに朗報だ!

Business Insiderによると、AppleはアメリカそしてヨーロッパでMVNO(仮想移動体通信事業者)サービスの提供に向けて協議中であると報じている!

複数キャリアとのMVNOで「Apple SIM」の理想に近づく?!

情報元によると、既にAppleはアメリカではサービスをテストしているとのことで、ヨーロッパでは新サービス提供に向けて話し合いを始めている状況だという。

これはAppleにとっては非常に良い戦略かもしれない。AppleがMVNOに参入するということは、ユーザーを囲い込むのではないかと考える人もいるかもしれないが、個人的にはユーザーは通信キャリアの選択における自由度が増すのではないかと考えている。

具体的には、Appleが1つの通信キャリアではなく複数の通信キャリアとMVNOサービスの提供を実現した場合、ソフトウェア側で通信するキャリアを自由に選ぶことができる「Apple SIM」の理想像に近づくのではないかと考えている。

現状、「Apple SIM」は「iPad Air 2」と「iPad mini 3」のみ対応。iPhoneも将来的に対応するという噂もあるが、各通信キャリアとMVNOサービスを予めApple側が契約しておけば、切り替えや料金プランなど、自由度が増す可能性は高い。

さらに最近ではSIMカードを不要とする「e-SIM」の導入を検討しているという噂もある。


Appleが通信キャリア事業に興味を示していることは間違いないが、実際にMVNOサービスが提供されるのはまだまだ先になりそうだ。情報元によると、AppleのはMVNOサービス開始は早くても5年後、つまり2020年以降になる見通しだと伝えている。

(via MacRumors

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法