Apple、「Touch ID」の新機能「Panic Mode」の特許を取得

IPhone 6s Plusの外観レビュー
「Touch ID」は発表された当初に比べて確実に進化している。「Touch ID」が登場したお陰で僕らのiPhoneのセキュリティは向上し、(日本では未だに非対応だが)「Apple Pay」などの決済サービスも利用できるようになった。

ただ、「Touch ID」はまだまだ進化する!Business Insiderによると、Appleは「Touch ID」の新機能「Panic Mode」の特許を取得したと報じている!

指によって異なる機能を呼び出すことができる機能

Appleが取得した「Panic Mode」とは一体どのようなことができるのか。

一言で言えば、ホームボタンに置いた指によって異なる機能を呼び出すことができる機能。名前の通り、パニック時に役立つ機能を簡単に呼び出すことができる。

例えば、特定の指を置くことによってiPhone全体にロックを掛け個人情報へのアクセスを遮断することができる。他にも緊急事態が発生した時、自動的にカメラとマイクが起動され家族や医者、警察や消防署に連絡できる機能も想定している。山で遭難した際に自動的に警察を呼び出し、現在位置を送信する機能も例として挙がっている。

Panic Mode 【image via Cult Of Mac

いざという時に指を置くだけで必要な連絡を素早く行うことができることは人命を救う可能性がある一方で、誤って警察や消防隊を呼び出してしまう可能性もありそうだ。近い将来、新型iPhoneのイチオシ機能として紹介されるかもしれない。

個人的にはロック画面を解除した際に、触れた指によって呼び出す機能が異なるようにしてもらいたい。例えば親指は通常のロック画面解除、人差し指はTwitter、中指はFacebookなどを指定することができれば便利そうだ。

(via Cult Of Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー