Qualcomm、Appleの提訴内容を「事実無根」と否定

【image via pestoverde

不当なライセンス費用を請求し、かつ、10億ドルの支払いを保留していることについてQualcommを提訴しているAppleだが、このことについて、Qualcommは「事実無根」と否定

QualcommのエグゼクティブバイスプレジデントのDon Rosenberg氏は公式コメントの中で「契約内容や交渉内容を意図的に誤った解釈をしている」とし、それを駆使して「世界中においてQualcommを規制するような働きかけを積極的に行っている」と反論。法廷で徹底抗戦する構えを見せている。

Appleの提訴内容に対するQualcommのコメント全文

Qualcommのコメント全文は下記の通り:

“While we are still in the process of reviewing the complaint in detail, it is quite clear that Apple’s claims are baseless. Apple has intentionally mischaracterized our agreements and negotiations, as well as the enormity and value of the technology we have invented, contributed and shared with all mobile device makers through our licensing program. Apple has been actively encouraging regulatory attacks on Qualcomm’s business in various jurisdictions around the world, as reflected in the recent KFTC decision and FTC complaint, by misrepresenting facts and withholding information. We welcome the opportunity to have these meritless claims heard in court where we will be entitled to full discovery of Apple’s practices and a robust examination of the merits,” said Don Rosenberg, executive vice president and general counsel, Qualcomm Incorporated.

Qualcommは2015年までiPhoneのLTEモデムチップを独占的に提供していたが、2016年に発表されたiPhone 7からはIntelもサプライヤーとして加わっている。

(via MacRumors

関連情報
更新日2017年01月21日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索