Apple、「WWDC 2015」の基調講演のライブ中継をウェブでも実施することを発表

WWDC2015 Live
本日、Appleが「WWDC 2015」の基調講演をライブ中継することが明らかになったが、先ほど公式ページ上でも告知し、ウェブでもライブ中継を実施することを明らかにした!


基調講演は現地時間6月8日午前10時、日本時間6月9日午前2時に開始される。ライブ中継を閲覧するための条件は以下の通り:

Live streaming video requires Safari 6.0.5 or later on OS X v10.8.5 or later; Safari on iOS 6.0 or later. Streaming via Apple TV requires second- or third-generation Apple TV with software 6.2 or later.

via Apple – Apple Events – Special Event June 2015


ウェブで閲覧する場合は、「OS X 10.8.5」以降が動作するMacで「Safari 6.0.5」以上を使用すること、または「iOS 6.0」以降が動作するiOSデバイスでSafariを使用すること。「Apple TV」は動作するソフトウェアが「6.2」以上であることが条件となっている。

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. 15インチ型「MacBook Pro」の動画編集性能を2016/2015モデルで比較ーーFinal CutとPremiere Pro
  3. 【レビュー】実際どう?超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(2/3)【Sponsored by Sony】
  4. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール4日目の特選品
  5. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!