「WWDC 2016」開催目前!予想される発表内容まとめ

WWDC Wallpaper 2016 idownload blog
いよいよ「WWDC 2016」が開催される。ソフトウェア中心の発表と言われているが、一部では新しいハードウェアが発表されるかもしれないと噂されている。果たしてどうなるのか。

「WWDC 2016」開催目前ということで、当日基調講演で発表されると予想される内容をこれまで報じられてきた噂をもとにまとめてみた!今年は例年通りライブ中継も行われるので、平日にも関わらず夜通し見るという強者は一緒に楽しみましょう!

それでは以下からどうぞ!

Siri

Siri iPhone AppleWatch
「WWDC 2016」の目玉となるのは「Siri」そして「Siri SDK」になりそうな雰囲気がある。

現状、純正のアプリしか操作することができないSiriだが、「Siri SDK」の開放によってサードパーティアプリも利用可能になる。さらにMacでも次のアップデートで「Siri」に対応すると報じられていることから、Siriは主役級の存在になると予想される。

iOS 10

Ios 10 concept
今のところ報じられている情報を見る限りでは、「iOS 10」には舞い上がるような新機能は実装されない可能性が高い。とは言え、地味に新しい機能は噂されている。

「HomeKit」のスタンドアローンアプリの登場「Apple Music」の大幅刷新は噂されている。「Apple Music」に関しては始まる前から失敗することが目に見えていたと言っても過言ではない「Connect」が取り下げられるとの報道もある。

とは言え、「iOS 10」はiOSのメジャーアップデート。何もないはずがない。刷新されたロックスクリーンを含むUIデザインの変更は実施される。通知も変わるとのことだが、具体的な内容は明らかになっていない。写真アプリにはプロ向けの編集機能が追加されるらしい。

「Apple Pay」を利用した送金機能が「メッセージ」アプリに追加される可能性や「Apple Pay」のウェブサイト用決済対応など「Apple Pay」に関する機能強化はどうだろうか。

以前、iPadでライブ変換が利用可能になるという噂もあったが、どうなるのだろうか。今のところiPadにおける日本語入力は使い勝手が良いとは言えないので、ライブ変換対応で多少変わるかもしれない。


もちろん、iOS単体で劇的な進化がないということは決して悪いことではない。むしろ、他のOSによる連携が強化されるということかもしれない。

macOS 10.12

Siri Dock Icon for Mac
そこで「macOS 10.12」の登場だ。

名称が「macOS」に変わるということはほぼ間違いなさそうだ。以前から噂されている「Siri」対応もほぼ確実に発表されると思われる。

気になるのはiPhoneの「Touch ID」を利用したMacのロック解除。ロック解除だけではなく、「Apple Pay」を利用したウェブサイト決済も利用することができれば相当使い勝手がよくなる。

なお、デザインを刷新したiTunesの新しいバージョンは当日披露されると伝えられている。


watchOS、tvOS

New Bands for Apple Watch
僕の知る限りではこれらのOSに関する情報は限りなく少ないため、当日何が発表されるのかは分からないが、発表に割かれる時間は短いのではないかと予想される。

新型「Apple Watch」「Amazon Echo」対抗デバイスも今のところ期待薄と見た方が良さそうだ。

MacBook AirMacBook Pro

個人的に最も期待しているのが新型「MacBook Pro」および「MacBook Air」の発表。とは言え、今のところ世間的には発表されないとの見方が強い。

どちらも6月中に発表され、8月には発売開始されるという噂もあるが、この噂が事実だとしたら「WWDC 2016」以外で発表する他ないはず。とは言えここ最近の「WWDC」ではハードウェアの発表は行われていない。

とは言え、「MacBook Air」も「MacBook Pro」も内部スペックは進化しているものの、大幅なモデルチェンジは何年も行われていない。「MacBook Air」に至っては未だに非Retinaディスプレイを搭載し、価格以外で12インチ型MacBookに勝る点が見当たらない状況だ。

「MacBook Pro」は「Touch ID」対応やタッチバー搭載が噂されている。ポートもすべてUSB-Cに変えられ、USB-AやThunderbolt 2、MagSafe 2はすべて過去のものになるそうだ。

果たして当日発表されるのか?!期待しすぎずに期待したい!



以上が今回の発表内容予想。いざ書き出してみると意外と多く、長丁場になりそうな予感。基調講演は現地時間6月13日午前10時、日本時間6月14日午前2時から。gori.meでは例年通りバシバシ記事を公開するので、お楽しみに!

WWDC-2016-All-Articles

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー