オフィス受付アプリ「→Kitayon(キタヨン)」、2016年1月にリリース

Kitayon(キタヨン)
会社員は忙しい。日々の仕事で消耗しているのだ。社内会議の準備をしつつ、明日の往訪用資料を作成しながら後輩の作業内容をチェック。息をつく暇なんてない。

だからこそ我々は何事も効率化しようと試みるのだ。人出を増やせば解決することもあるが、そこまで余裕のある時代ではない。

特に困るのはオフィスの受付。言うまでもなく美人なお姉さんが「いらっしゃいませ」と言ってもらえる受付であることに越したことはないが、人件費などを考えるとそう簡単に踏み切れない大人の事情が存在することも事実。

そこで、オフィスの受付業務をiPadアプリで管理することを可能にする「→Kitayon(キタヨン)が登場した!これは「TechCrunch Tokyo Hackathon 2015」にて優秀作品に選ばれたもので、2016年1月にリリースすることが明らかになっている!

単なる受付アプリではなく、社内外の人を繋ぐハブ

今回、「→Kitayon(キタヨン)」を開発したのは自身を「風呂グラマーズ」と名乗るチーム。リーダーを務めるのは株式会社トレタのCTOである増井雄一郎(@masuidrive)氏。

→Kitayon(キタヨン)」は会社を訪問した人が面会予定の社員を呼び出すことができる受付用iPadアプリ。連携する呼び出し用のiPhoneアプリも用意され、社員は面会予定の方が来社したことを通知音で案内を受けることができる。多くのIT企業が導入しているSlackの通知にも対応しているとのこと。
Kitayon(キタヨン)
来客予定の方は「→Kitayon(キタヨン)」アプリで事前にもらった6桁の招待コードを入力することによって写真を呼び出すことができる。
→Kitayon(キタヨン)
招待コードを入力することによってすぐに呼び出すのではなく、一度呼び出そうとしている社員の顔写真や情報を確認した上で呼び出すことができる仕様となっている。これは呼び出す側からすると心なしか安心する。
→Kitayon(キタヨン)
呼び出しが完了するとこのような画面が表示され、来客者は受付で待つのみ。受付業務において必要とされる全てのことを「→Kitayon(キタヨン)」が請け負ってくれる。
→Kitayon(キタヨン)
利用価格は未定。社員数に対し、「ベーシックプラン」「プレミアムプラン」「エンタープライズプラン」という3つのプランが用意されている。

プラン内容価格
ベーシックプラン(社員数10人まで)価格未定
プレミアムプラン(社員数50人まで)価格未定
エンタープライズ(社員数51人以上)価格未定

確かに美人受付の方が良いに決まっている。それを否定できる要素は何1つもない。ただ、それが実現できないのであれば、より便利で効率的な仕組みを提供するのが社員への幸せにも繋がるのではないだろうか

→Kitayon(キタヨン)」は11月後半から株式会社トレタにて試験運用を開始しているとのこと。要望・問い合わせがあれば試験運用を順次実施する予定となっているので、興味ある企業はこちらからどうぞ

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法