iPhoneでも使える!Word・Excel・Powerpoint公式アプリがリリース!「Office 365」未加入でも編集可能に

Officeverywhere 【img via The Official Microsoft Blog

Dropboxと提携を発表したと思いきや、Microsoftのサプライズはまだまだ続く!


本日、MicrosoftiPhoneまたはiPadで利用できる「Word」「Excel」「Powerpoint」公式アプリをリリースしたことを正式に発表した!

iPhoneでもiPadでもOfficeアプリは無料で編集可能に

Microsoftは今年の3月末にiPad向けOffice公式アプリをリリースしている。日本語にも対応済みで、公開後1週間で1,200万ダウンロードを突破したと発表されていたが、唯一欠点があった。

それは、Officeファイルの編集機能を利用するためには「Office 365」に加入していることが条件だったということ。つまり、閲覧するだけであれば無料だが、編集するためには年間99ドルもしくは月額9.99ドル支払う必要があった。


ところが今回、Microsoftはその条件さえも撤廃した。今後はiPhoneやiPad、そして近日中にAndroidタブレットも「Office 365」に加入していなくても新規ファイルの作成やファイルの編集を可能にすると発表している!太っ腹!Officeのありとあらゆる機能を全て使いたい場合のみ、「Office 365」の加入が必要となる。

もちろん、それぞれのアプリは無料!以下のリンクからダウンロードできるようになっていので、以下からどうぞ!




新しいアプリのスクリーンショットも公開

Office BlogsにはiPhoneでWord・Excel・Powerpointの各種ファイルを表示した時のスクリーンショットが公開されていたので、載せておく!

Bringing Office to Everyone 【img via Office Blogs

Bringing Office to Everyone 【img via Office Blogs

Bringing Office to Everyone 【img via Office Blogs

Office Blogsには他にも「Office for iPad」のスクリーンショットやプレビュー版への事前登録を開始したAndroidタブレット向けOfficeアプリのスクリーンショットも公開されているので、気になる人はこちらからどうぞ




Dropbox、Microsoftとの提携を発表!Officeアプリから直接アクセス可能に | gori.me(ゴリミー)

(via 9To5Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー
  2. 「iOS 10.2 Beta 6 / Public Beta 6」、配信開始
  3. Twitter 、2016年の人気ツイートをまとめたランキング「2016年振り返りツイート」を公開!
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法