TweetbotのMac版・iPad版、「WWDC 2015」までのリリースを目標に絶賛開発中

New website new focus
先日、iPhone版「Tweetbot」がアップデートされた。開発元であるTapbotsによると今後はMac版とiPad版のメジャーアップデートを実施すると明言していた。


本日、TapbotsはTweetbotのMac版・iPad版、「WWDC 2015」を目処に開発を進めていること公式ブログで明らかにした!

Convertbot、Pastebot、Weightbotは開発終了へ

TapbotsはTweetbotCalcbotが有名ではあるものの、他同様に特徴的なUIとデザインを持ったアプリを多数リリースしている。具体的に言うとConvertbot、Pastebot、Weightbotがあるのだが、これらは今後TweetbotCalcbotへの開発に専念するために開発を終了することを明らかにしている。

You might be wondering where Convertbot, Pastebot, and Weightbot are? We decided to remove most of them from the app store because we just don’t have the time to update them in the near future.

via Tapbots — New Website, New Focus


やはり独自のUIデザインを採用している関係で、「iOS 6」にフィットするデザインから「iOS 7」「iOS 8」にフィットするデザインに変更するのは非常に大変な作業のようだ。

TweetbotのMac版iPad版はいずれも「WWDC 2015」までにリリースされる予定となっている。現在はMac版の方に着手しているようで、予定よりも時間が掛かっているとのことだが順調に開発は進んでいるとのこと。

iOS版に関してはiPad対応の他、ランドスケープモード(横向きにした状態のこと)時のUIを準備しているようだ。MacでもiPadでもiPhoneでもTweetbotを使っている僕としては、今後のアップデートが非常に楽しめそうだ!

iPhone版Tweetbot


iPad版Tweetbot


Mac版Tweetbot


Calcbot


(via 9To5Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー