ブルーライトカット機能を備えたアプリ「FlexBright」がApp Storeに登場

FlexBright
ディスプレイを長時間眺めていることによる目の疲れを軽減するために欠かせないMacアプリ「f.lux」は以前、iOS版をリリースしようとして却下された。

本日、ブルーライトカット機能を備えたアプリ「FlexBright」がApp Storeに登場したことで話題となっている。バージョン2.0にアップデートされた最新版には「iOS 9.3」に含まれる「Night Shift」モードと同じ「青色光フィルター」が含まれている。

実際にインストールしてみたところ、画面の暗さを調整することができ、画面全体の色温度が高くなり目に対する負担が軽減されていることを実感できる。下記を見ての通りアプリのUIは時代遅れ甚だしいが、機能は充実している。

FlexBright Screenshots
ただし、「f.lux」のiOSアプリが取り下げられたのと同じく「FlexBright」も取り下げられる可能性は高い。いずれ「Night Shift」モードが提供されるで不要という人はスルーしてもいいが、気になる人は早めにダウンロードしておくべし!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. 15インチ型「MacBook Pro」の動画編集性能を2016/2015モデルで比較ーーFinal CutとPremiere Pro
  3. 【レビュー】実際どう?超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(2/3)【Sponsored by Sony】
  4. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール4日目の特選品
  5. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!