【悲報】「TotalFinder」と「TotalSpaces2」、「OS X El Capitan」の通常状態では使用不可能に

El Capitan
セキュリティが向上することは素晴らしいことが、その結果、使用できなくなるアプリやサービスも出てきている。


Finderをより便利にする「TotalFinder」と「Mission Control」をかつてのSpaces風に戻す「TotalSpaces2」が「OS X El Capitan」の通常状態では使用できなくなることが運営元であるBinaryAgeの公式ブログで明らかになった

「System Integrity Protection」によってシステム機能が使用不可に

OS X El Capitan」からはMacのセキュリティを高めるために「Rootless」とも呼ばれている「System Integrity Protection」という機能が実装されているため、システム機能へのアクセスを遮断し、システムファイルの編集ができないようになっている。

「TotalFinder」と「TotalSpaces2」はまさにこのシステム機能を使用するサードパーティアプリケーション。つまり、「OS X El Capitan」にアップグレードした場合、使用することができなくなってしまうのだ。

一応、回避方法はある。一度Macをリカバリーモードにして「System Integrity Protection」を無効化すれば使用することはできるが、「OS X El Capitan」の魅力でもある高いセキュリティという恩恵は受けることができなくなってしまう。

System Integrity Protection
今後どのようにするのかは未定。なお、通常状態では使用できなくなることを踏まえ、「TotalFinder」と「TotalSpaces2」を半額で販売中。気になる人はこの機会にどうぞ!


(via Appleちゃんねる

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法