【ポケモンGO】「ポケビジョンは規約違反」ーー開発元CEOが明言

Looking into binoculars 【image via chase_elliott

Pokevision(ポケビジョン)」「PokeWhere」など、周辺ポケモン探知ツールは「ポケモンGO」とともに大ブレイクしたが、近日中にすべてのサービスが一切利用できなくなる可能性は高い

ポケモンGO」の開発元であるNiantic(ナイアンティック)社のCEO、John Hanke氏はForbesとのインタビューの中で周囲のポケモンを探知可能にするツールやサービスに対する不快感を示し、規約違反であるとコメント。いずれ使えなくなる可能性について明言している。

「ゲームの楽しさを自ら潰して自分を傷つけている」

「Poke Radar」などのアプリなどについての感想を聞かれると、Hanke氏は冒頭から不快感を露わにし、「全然好きではない」とコメント。ユーザーが「ゲームの楽しさを自ら潰して自分を傷つけている」と指摘し、将来的にはこれらのサービスが利用できなくなることを匂わせた。

We have priorities right now but they might find in the future that those things may not work. People are only hurting themselves because it takes some fun out of the game. People are hacking around trying to take data out of our system and that’s against our terms of service.

via ‘Pokémon GO’s’ Creator Answers All Your Burning Questions (Except That One About Finding Pokémon) – Forbes


気になるのは「規約違反」というコメント。そこで、「ポケモンGO」のサービス利用規約を見てみると、「行動規範、一般禁止事項、及び当社の執行権」という項目の中に以下のような記述がある。

当社又はその他の一般的に利用可能な第三者のウェブブラウザによって提供されたもの以外の技術又は手段(オートメーションソフトウェア、bot、スパイダー、クローラ、データマイニングツール又はあらゆる種類のハック、ツール、エージェント、エンジン若しくはデバイスの利用によるものを含みますが、これらに限りません。)を通じて、本サービス若しくはコンテンツへのアクセス若しくはその検索、又は本サービスからのコンテンツのダウンロードを企図すること。

via Pokémon GO サービス利用規約


恐らく「Pokevision(ポケビジョン)」や「PokeWhere」などはこれに当てはまると思われる。もちろん、今回ギリギリ免れた「P-GO SEARCH」もいずれサービスが利用不可になるだろう。

ハードコアなプレイヤーにとっては絶望的な仕様変更かもしれないが、個人的にはこれで多くの人が緩く楽しくプレイできるのであればいいのかもしれないとも思っている。

誰もが簡単にレアポケモンを発見できるのではなく、誰かが偶然レアポケモンを発見して、それをツイートしてみんながそこに群がる、という仕組みの方が面白いのでは?!

とはいえ、先日のアップデートでなぜか廃止された近くにいるポケモン」機能の足跡は復活してもらいたいところだが……。

(via The Next Web

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告