いたばし花火大会で花火の写真撮影にチャレンジ!目の前で繰り広げられる巨大な花火の迫力は凄まじい!

いたばし花火大会2013
目の前で見る花火の迫力は相当なものだった!

昨日、今年初の花火を見にいたばし花火大会に行ってきた。職場の仲間と行ったのだが、幸いにも有料席を確保していたので、場所取りなど面倒なことはせずに済んだ。これだけ暑い中場所取りはしんどいだろうしね…。

僕は長らくCanon EOS Kiss X3を愛機として使ってきたが、今回初めて三脚を持ちだして花火の撮影にチャレンジしてみた!使ったレンズはSIGMAの17-70mmレンズ今年初の花火大会にて初の有料席、初の三脚を使って花火の撮影を試みた結果を本記事に載せておく!

シャッタースピードは2秒〜5秒程度で撮影!線が綺麗!

花火を写真に美しく収めるのは非常に難しいという話は以前から聞いていたが、実際に撮影してみて想像以上に難しかった。ただ、そんなことはどうでもよくなるぐらい、花火そのものの迫力は想像以上で感動した。有料席ということもあって目の前に次々と打ち上がった花火は身体の芯まで響く音とともに真っ暗な空を美しく彩っていた。僕は終始写真を撮るのに必死だったが、後々考えてみたら寝っ転がって見ておくべきだったと思い、少し後悔…。カメラの電池が切れかけていたことをいいことに寝転んでいた後輩が正解だった。あいつめ…。

とは言え、三脚を駆使してスローシャッターの写真にチャレンジしたので、僕の成果をどうぞ!気に入った写真があれば言ってもらえると僕が泣くほど喜ぶので、もしあれば是非!あれば、ね……。

いたばし花火大会2013
いたばし花火大会2013
いたばし花火大会2013
いたばし花火大会2013
いたばし花火大会2013
いたばし花火大会2013
いたばし花火大会2013
いたばし花火大会2013

いたばし花火大会2013

いたばし花火大会2013
いたばし花火大会2013
改めて自分の撮った写真で見るとそれなりに迫力が伝わってくるものもあって、やっぱり写真に収めておいてよかったなとも思った。結果オーライかな!

Canon デジタル一眼レフカメラ Kiss X3 ダブルズームキット KISSX3-WKIT
キヤノン (2009-04-24)
売り上げランキング: 36,793

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法