【英語を話せるようになりたい人向け】ネイティブは思っているほど発音は気にしていない!

Conversation 【img via Conversation by Search Engine People Blog

社会人になってから周りに英語を勉強したいという人が増えた。本気で言って勉強し始めた人もいればまだ言葉にしただけで留まっている人もいる。英語が好きな僕としてはとても嬉しいので、応援している。

英語を話せるようになりたい人がほぼ全員口にするのは、自分の発音が悪くて伝わらないのではないか、という悩み。これについて、僕は真っ向から否定させてもらいたいと思う。ネイティブは思っているほど発音は気にしていないのだ。


みんなが思っているほどネイティブは発音を気にしていない

英語で話すということは、単に英語という言語を使ったコミュニケーションをしているだけ。大事なのは会話のキャッチボールが成立することであって発音は二の次。

国内でネイティブと英語で話すシーンを考えて欲しい。ネイティブとしては自分が日本語を話せないがためにわざわざ英語で話しかけてくれている、ということになる。ただでさえ助けてもらっているのに、発音に文句を言う訳がない。万が一発音にケチをつけてきたのであれば、鬼教師か超ひねくれ者のどちらかに違いない!

もし自分が外国人に日本語で話しかけられたら?

次に、逆の立場で考えてもらいたい。

外国人にカタコトの日本語を話しかけられたらどうするだろうか。パッと聞いて意味が分からなくても必死に聞き取り、助けようとする人がほとんどのはず。日本語が文法や発音が不自然でも、相手が頑張って話していれば耳を傾けるだろう。

自分が英語を話そうとしている時も同じだ。大事なのは発音や文法ではなく、相手と会話のキャッチボールをしようとする姿勢なのだ。

自信を持って正々堂々と話した方が確実に伝わる

よくあるネイティブの前で怯んでいる日本人は相手の目にどのように映っているのか。

日本語の場合を考えてもらいたい。他愛もない話をしているだけなのに相手がモジモジしながらモゴモゴ話してたらどういう気持ちになるだろうか。話している側としてはとても話しづらい。

英語で話す場合も同じだ。モジモジしながら話しても相手を困らせるだけ。そもそも一度のキャッチボールですべて正しい言葉を伝える必要なんてどこにもないのだ。失敗したところで減点されたりしない。失敗したい放題!

だから自信を持って正々堂々と話し、何度も会話のキャッチボールをしていれば伝えたいことは絶対に伝わる。英語を話せるようになりたいのであれば、何よりもこれが大事なので、次機会があれば恐れずに向き合うべし!!健闘を祈る!

帰国して14年以上経った今でも英語力をキープするために僕がやっている8つのこと | gori.me


オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー
  2. 「iOS 10.2 Beta 6 / Public Beta 6」、配信開始
  3. Twitter 、2016年の人気ツイートをまとめたランキング「2016年振り返りツイート」を公開!
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法