Facebookは出会い系サービスとしても一部国では圧倒的な人気を誇ることが判明!

Couple and sunset 【img via Couple at Sunset by CocteauBoy

月間アクティブユーザー数が12.3億を突破した、キング・オブ・SNS「Facebook」。多くの男女が入り交じる、リアルグラフを活用するソーシャルネットワーク・プラットフォームであることは、今更言うまでもない。

マーケティング会社Janaが1,500人を対象に実施した調査によると、一部の国では異性と出会うことを目的としてFacebookは圧倒的な人気を誇ることが明らかになった!

インドやベトナムなどではFacebookは出会い系として人気

異性同士が出会うサービス、いわば「出会い系サービス」はガラケーが普及した時代からある。男女の交流はいつの時代でも需要があるのだ。

日本ではガラケー時代からある「イククル」や「ワクワクメール」、最近mixiに買収されて話題になった「YYC」がある。スマートフォンの普及と共に台頭した、Facbeookのリアルグラフ性を活用した「pairs」や日本最大級のマッチングサービスと謳う「Omiai」は人気サービスである。

僕ら日本人にとってFacebookは出会い系サービスというジャンルには入ってこないが、世界的にはFacebookを異性と出会うことを目的として活用している国も多いようだ。特に使われている国は以下の通り。

Facebook dating service
Facebookの出会い系サービスとしての利用率は圧倒的だ。「出会い系サービス」としてサービス提供をしているMatch.comやBadooを抑えて1位になっている国も多い。

やはり匿名性ではなく実名制という安心感がリアルな出会いに繋がるのだろうか。

(via The Next Web

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった