「UP by Jawbone」、Runkeeperなど他社アプリとも連携が可能に!設定方法も簡単!

Up by jawbone runkeeper
Runkeeperを使っているUP by Jawboneユーザーに朗報だ!

昨日リリースされた「UP by Jawbone」アプリのアップデートで他社の健康管理アプリやサービスと連携が発表された!個人的に高頻度で使っているランニングアプリ「Runkeeper」も含まれていて、今後はランニングデータがRunkeeperアプリ経由で記録されるようだ!

以下にRunkeeperを例とした他社サービスとの連携方法を紹介する!

UP by Jawbone 2.5(無料)iPhoneアプリ紹介リンク
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ソーシャルネットワーキング
販売元: Jawbone – Aliphcom, Inc.(サイズ: 43.1 MB)

連携できる他社サービスは全部で9つ!

今回のアップデートで連携できるサービスは以下の9つ!有名所だとRunkeeperの他、iOSデバイスと連携できる体重計「Wi-Fi Body Scale」を提供している「Withings」も含まれている。

  • RunKeeper
  • MyFitnessPal
  • MapMyFitness
  • IFTTT
  • Withings
  • Wello
  • Notch
  • Sleepio
  • LoseIt


左サイドバーにある「アプリの検索」からサービスを選択!

他のアプリやサービスと連携する方法は非常に簡単!Runkeeperを例に紹介する!

まずはアップデートされたUP by Jawboneアプリを開き、左のサイドバーにある「アプリの検索」をタップ!新たに連携が発表された9つのサービスがリスト表示されているはず!今回はRunkeeperを連携させるので、Runkeeperの横にある「+」ボタンをタップして連携開始!
Up by jawbone runkeeper
ブラウザが立ち上がりRunkeeperのログイン画面が表示されるので、アカウントを持っている人はログイン、持っていない人は新規登録するべし!
Up by jawbone runkeeper
連携の確認をする。まずは1回目。
Up by jawbone runkeeper
もう一度アクセス要求として連携の確認。2回目。
Up by jawbone runkeeper
完了するとRunkeeperの「+」ボタンがチェックマークに変わっている!これで今後はRunkeeperで記録されたデータがUP by Jawboneに取り込まれるはず!楽しみだ!
Up by jawbone runkeeper
ライフログは日々やることが少ない方が継続できる。UP by Jawboneを使わなくてもこれまで使ってきたアプリやサービスを扱えるようになったのはその点においてとても良い!

今後も日々の生活や身体の様子を自分自身が意識しなくても色々記録されるような仕組みを強化していってほしいな!

【UP by Jawboneの使い方】「スマートアラーム」機能を使って眠いの浅いタイミングで起こしてもらおう! | gori.me

【UP by Jawboneの使い方】「アイドルアラート」機能でぐうたら生活に終止符を打つ!怠けていると「運動しなさい!」と催促してくれる、スゴイ機能! | gori.me

【UP by Jawboneの使い方】ボタン操作を覚えよう!「目覚めモード」と「睡眠モード」の切り替え方とその確認方法 | gori.me


UP by Jawbone 2.4(無料)iPhoneアプリ紹介リンク
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ソーシャルネットワーキング
販売元: Jawbone – Aliphcom, Inc.(サイズ: 42.5 MB)




オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー