Pebble、2,000万ドルの資金調達に成功しながらも破綻か?!

Pebble Time
大丈夫か、Pebble?!


スマートウォッチの先駆けと言っても過言ではないPebbleだが、TechCrunchによると、同社は成長の維持が困難であると判断し、シリコンバレー・バンクに500万ドルの融資ならびに500万ドルの貸付金額を要請したと報じている!

他のVCは資金調達要望を却下!Pebbleの未来はどうなるのか

これは会社に近い情報筋が明らかにしたこと。他のベンチャーキャピタルは同社からの資金調達要望を却下しているとの情報もある。

Kickstarterでの大成功もあり、世間からは高い評価を得ているようにも見受けられていたが、なぜPebbleはこれほど苦戦しているのだろうか。

情報元によると、成長を妨げている理由として従業員のモチベーションが挙げられている。Appleから発表された「Apple Watch」や進化をし続ける「Android Wear」対応スマートウォッチという競合が台頭する中、会社の目指す方向性に不満を感じている人が増えてしまっているようだ。

Pebbleの未来はどうなるのか。原文の日本語訳が公開されていたので、詳細は以下からどうぞ!


(via TechCrunch

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法