Googleのサービスを活用した、とある夫婦の日常生活を描いた素敵な動画

Google
僕らの生活の一部はGoogleに支えられていると言っても過言ではない。

Google検索はもちろんのこと、Gmail、Youtube、Google Calendarは多くの人の生活に取り込まれている。

イギリスの制作会社「Silent Studios」が制作した「Baby」という作品が、Googleの各種サービスを活用して生活するとある夫婦の日常を動画としてまとめていたので、紹介する!


大事な時でもGoogleがあれば安心?

「Baby」は出産を控えたとある夫婦の日常生活を描写したストーリー。Google ChatからGoogle+への投稿、位置情報検索などを活用する姿が描かれている。

Silent Studios – Google – Baby from Not To Scale on Vimeo.


友人が近々出産を控えていることもあってとても心温まる映像だ!素敵!

Google Glassの登場も含め世の中がさらに便利になることは非常に喜ばしいことである一方で、引用元であるK’confには非常に鋭い指摘をしていたので、紹介する。

ただ、私が危惧することはGoogleのサービスには依存性があるということ。
現在のネットに目を向ければ、もし今Google検索やGmailなどGoogleのサービスがすべて使えなくなったとしたら、ネット社会は大混乱です。
このCMのように完全に人々の生活に溶け込むサービスとなった頃にはGoogle無しでは立ちゆかない社会になっており、便利と引き替えに相当のリスクも生じることとなるでしょう。


Googleの提供するサービスによって生活が便利になるということは、裏を返せばGoogle無しではその便利な生活が実現できない、ということになる。Googleに依存していることによって、Googleが何か大きな決断を下した時に確実に影響されることを想定しておかなければならない。

Googleの各種サービスは間違いなく便利で僕も把握しきれないほど活用しているが、Googleだけに頼る生活というのはリスクがありすぎるのだろうか…。

素敵な映像だと思った一方で、少し考えさせられる映像でもあった。

(via K’conf

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Super Mario Run、セキュリティ上の理由でオフラインモードは提供せず
  2. 「AirPods」の発売遅れ、理由は技術的な問題?量産の問題?
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【サイバーマンデー】Ankerの人気モバイルバッテリーやUSB急速充電器、高耐久ケーブルが特価販売中!
  5. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール5日目の特選品