各種SNSのシェア数を確認できるGoogle Chrome拡張機能「ツイートカウンター for Twitter」

TweetCounter for Twitter
Google Chrome」で表示しているサイトのSNS反応数を確認するために「Social Analytics」という拡張機能を活用していたが、Facebookの仕様変更が原因でいいね・シェア数が取得できなくなってしまった。記事執筆時点でも放置されてままだ。

そこで、今回は代わりに各種SNSのシェア数を確認できるGoogle Chrome拡張機能「ツイートカウンター for Twitterを紹介する!

Facebook、はてブ、Google+、LinkedInなどに対応

ツイートカウンター for Twitter」は「Google Chrome」用の無料の拡張機能。インストールすることによって右上に新しいアイコンが追加される。

「Social Analytics」の場合は総シェア数が表示されたので非常に便利だったが、「ツイートカウンター for Twitter」は主役がTwitter。つまり、アイコンに表示されている数値はツイート数となっている。
Tweet Counter 2
表示されているアイコンはツイート数によってカラーが変わる。数値化できるツイート数は20ツイートまでとなっていて、20ツイート以降は「20+」としか表示されない。

  • 赤:投稿後「6時間以内」のツイートがある
  • オレンジ:投稿後「24時間以内」のツイートがある
  • 青:上記に当てはまらないツイートがある
  • グレー:まだツイートが無い

また、ツイート数のカウントはTwitterのSearch APIで直近のツイート数を表示しているため、公開されてからしばらく経った記事は「20+」とさえも表示されず、グレーのアイコンまたは青のアイコンが表示されてしまう。要は、ツイートカウント機能自体は大して役に立たない。

ところが、実は「ツイートカウンター for Twitter」の強みはツイートのカウント数ではない。「Stats」と書かれたタブには各種SNSのシェア数がまとめられているのだ。対応サービスははてなブックマーク、Facebook(シェア、いいね、コメント)、Google+、Delicious、Stumbleupon、Redit。

Tweet Counter
上記の通り、今回例として使用している下記記事ははてブ数が5件、Facebook上での合計シェア数が145件、Google+のシェア数が1件あるということが確認できる。


バズっている記事がどの程度バズっているのか、そもそも自分の書いた記事がどの程度シェアされているのか、気になる人も多いだろう。

サイト上に各種SNSのシェア数を表示しているサイトは良いが、最近では度重なる仕様変更の対応が面倒になり、そもそもシェア数を表示していないメディアも増えてきた。gori.meも例外ではない。そのようなサイトの記事のシェア数を確認するには「ツイートカウンター for Twitter」はとても役立つ。

インストールしていない人はこの機会にどうぞお試しあれ!

オススメ
TweetCounter-for-Twitter.png

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. iPhone-6s-In-Depth-Review-15.jpg
    「iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合、製造工程に問題があったと判明
  2. macbook-pro-2016-gpu-freaking-out
    「MacBook Pro (Late 2016)」のGPUに関する不具合、影響範囲が拡大中
  3. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  4. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. Mac-Storage-Technique.jpg
    【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法