YouTube、ライブストリーミング機能をiOS/Android公式アプリで提供へ

YouTube Live Streaming
いつでも、どこでも、誰でも生中継することができる。手間暇掛けて編集された動画も相変わらず人気だが、今はライブ感のある撮って出しの動画に対する需要も根強い。

本日、YouTubeはiOS/Androidアプリにおいてライブストリーミング機能を提供開始することを発表した

生中継しながらコメントでファンと交流することができる

TwitterのPeriscopeと言い、Facebookと言い、ライブストリーミングは動画に力を入れているSNSにおいては欠かせない機能となっている。

YouTubeのライブストリーミング機能はYouTube公式アプリの中に組み込まれているため、別のアプリや新しいアカウントの作成などは不要とのこと。「赤い録画開始ボタン」を押し、サムネイル写真を選択または撮影すれば、生中継がスタートする。

UIはTwitterの「Periscope」と非常に似ている。生中継の視聴者数などの情報は左上に表示され、右上に放送終了ボタンが用意されている。放送中はコメントを通じてファンと交流することができる。

Live Broadcasting for YouTube
ライブストリーミングが終了後は他の動画と変わらずアーカイブすることが可能。公開されていればユーザーはその動画を検索したり、プレイリストから見つけ出すことができるという。

YouTube公式アプリのライブストリーミング機能は本日から選ばれしユーザー限定で提供開始されている。利用できるユーザーは順次増やしていくとのことなので、気長に待ちましょう!

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法