教訓:バンジージャンプをする時、iPhoneはポケットから出しておくべき

IPhone Falls out of Bungee
バンジージャンプをするなら余計なものを持って行くべきではない。逆立ち状態で飛ぶので冷静に考えれば分かることだ。

僕が以前強制的にチャレンジさせられたマザー牧場でのバンジージャンプはすべての持ち物をロッカーに入れた状態で飛び降りるようになっていたが、海外ではそこまで面倒を見てくれないようだ。

南アフリカのケープタウン市にあるブルークランズ橋でバンジージャンプに挑戦したMairtin Farragherさんはそのことを身をもって体験したようだ。GoProを持って飛び降りたお陰でその時の貴重な映像が残っているので、紹介する!

本人:バンジー成功 iPhone:バンジー失敗

個人的には何かを握った状態でバンジージャンプを飛ぶこと自体考えられないのだが、Farragherさん自分のバンジージャンプしている様子を見事撮影することに成功。その中で右ポケットからスッとiPhoneが抜け落ちる瞬間がしっかりと捉えられているので、どうぞご覧あれ!



なお、Farragherさんは今年イタリア旅行中にiPhoneを盗まれたものの地元警察の協力もあって取り返したそうだが、今回は難しそうだ。皆さんもバンジージャンプを飛ぶ際にはご注意あれ!

(via The Next Web

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー