最近の絵馬は「個人情報の保護」について真剣に取り組んでいると話題に!

個人情報保護に真剣な絵馬
スマートフォンの普及と共にソーシャルネットワークやオンラインサービスの利用が活発化することによって、近年では個人情報の保護に対して注目と関心が高まっている。

先日、最近のお賽銭箱はEdyに対応していると話題になっていたが、一方で最近の絵馬は個人情報保護について真剣に取り組んでいることがTwitterで話題になっていたので、紹介する!

絵馬に書いた内容さえも「個人情報保護」の対象に!

従来、絵馬には願い事を書いて奉納するのが一般的。僕が書いた時は合格祈願だったと記憶しているが、他にも子授かり、子育て、家庭円満などについて書く人が多いようだ。

当然ながら非常にプライベートな内容であるため、願い事を書きたいが他人には見られたくないというニーズが近年増えてきたのだろうか。奉納されていた絵馬には以下のように書かれている。

この絵馬は個人情報保護の為祈願主が自らシールを貼っています


この祈願者は一体どのようなことを願ったのだろうか。個人情報を保護しなければならないほど、極めてプライベートな内容を書いたに違いない。

神社やお寺も電子マネーを導入!最近のお賽銭が楽天Edyに対応していて衝撃的だと話題に!

(via Twitter

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告