21.5インチ型「iMac Retina 4Kディスプレイモデル」、今秋発表か?!最新ベータでまた気になるコードが発見される

imac-5k-retina-editing-1.jpg
先日、「OS X El Capitan beta 2」の中に21.5インチ型「iMac Retina 4Kディスプレイモデル」に関する記述が発見されたことを伝えたが、今回もまた新たなヒントが見つかったようだ!


本日、「OS X El Capitan beta 6」がデベロッパー向けに配信が開始されたが、Consomacによると、最新のベータ版にもやはり21.5インチ型「iMac Retina 4Kディスプレイモデル」の存在をほのめかすコードが発見されたと報じている!

ディスプレイの解像度は4,096×2,304ピクセルに?!

発見されたのは21.5インチ型「iMac Retina 4Kディスプレイモデル」を指していると思われるメタデータファイル。搭載されているディスプレイの解像度は4,096×2,304ピクセルになる模様。

iMac 21.5インチ4Kディスプレイ 【img via 9To5Mac

表示されているアイコン画像が現行モデルと変わらないことから、外観に関する大きな変更は無いと予想される。

昨日、KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏は最新のIntel製プロセッサと彩度が改良されたディスプレイを搭載した新型iMacが今年の9月までに発表されると予想していることを伝えた。iMacそのものは2013年以来アップデートされていないことから、「OS X El Capitan」の正式リリースと同時に新モデルが投入される可能性は十分ありそうだ。

(via 9To5Mac

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった