「iOS 7」では頭を左右に傾けることよって端末を操作できる機能を搭載!

Ios7 head movement 【img via iDownload Blog

両手が塞がっていても画面を操作することが可能に!

iOS 7」のアクセスビリティ機能には頭の動きや傾きによって端末を操作できる機能が含まれていることが発見された!手が不自由ななっている時に便利そうだ!

精度は予想以上に高い!ただし操作は少し大変?

この機能を有効にすると、各画面のタップ可能領域に青色の枠が順次ハイライトされる仕組み。タップしたい場所に青枠が表示された時に首を傾けることによって画面が切り替わるようになっている。

精度はβ版の割にはかなり良さそう!実際に使っている動画を下記に載せておく!



頭を傾けることによって機能を呼び出せる機能はタップの他、ホームボタン、Siri、通知センター、アプリスウィッチャーの起動などが可能。

アクセスビリティ機能は本来、視覚、聴覚、またはその他の身体的なディスアビリティを持っている人向けに用意された機能。便利なiPhoneを1人でも多くのユーザーに使ってもらえるように、次期iOSではiPhoneに搭載されているセンサーやカメラを利用してさらなる改善を目指しているようだ!

「iOS 7 」の革新的な新機能「AirDrop」のデモ動画が公開!同一Wi-Fiネットワーク内にいなくても利用可能! | gori.me

(via 9To5Mac

オススメ
ios7-head-movement.png

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  3. Devices-All-Logo.png
    Mac用メールアプリの決定版!「Spark for Mac」が正式リリース
  4. Sony-Life-Space-UX-22.jpg
    【レビュー】今話題!超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(1/3)【Sponsored by Sony】
  5. Mac-Storage-Technique.jpg
    【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法