「Apple Watch」のUIを再現した、iPhone上で動作するiOSのプロトタイプが公開

Apple watch iphone concept
iPhoneのUIは初代iPhoneからほとんど変わっていない。そろそろ新しい何かを取り入れる時期か…?

Apple Watch」に搭載されている「Watch OS」は新しい。アイコンが丸型になり、グリッド状ではなくアイコンが一面にドサッと置かれている状態。ズームインして開きたいアプリをタップして起動するような仕組みだ。


では、iPhoneに「Watch OS」が動作したらどうなるのだろうか。以前、同様のコンセプトで公開されていた動画実際にiPhone上で動作するプロトタイプとして作った人がいたので、紹介する!

想像以上に動作がスムーズ!ただ僕はちょっと…

このプロトタイプを作ったのはLucas Mengeさん。「Watch OS」のようなUIを再現しただけではなく、実際にアプリを立ち上げることも可能。一度タップするとそのタップしたエリアにズームインし、アプリのないスペースをタップするとズームアウトする仕組み。慣れるまでにコツが必要になりそうだが、デモビデオでは驚くほどスムーズに操作できている。

以下からどうぞ!



斬新なUIではあるとは思うが、個人的にiPhone用のiOSは現状の方が好きかな…。

(via Cult Of Mac

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 次期iPhone、防水性能が「iPhone 7」よりもさらに強化されIP68等級に?!
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法
  4. 初代iPhoneの初期プロトタイプが動作している映像がさらに公開
  5. バックアップ必須!新しいiPhoneに機種変更する前にやるべきことまとめ