Apple、リリース前のiOSバージョンを事前に直営店の従業員に配布する方針へ

iOS 8 beta 2
シェア率も順調に伸び続け、70%も見えてきたiOS 8」。現在は「iOS 8.1.2」が最新バージョンで、「iOS 8.2」に着手している模様。次期バージョンは「Apple Watch」と同時期に配布される見通し。


知っての通り、「iOS 8」はバグだらけで配布開始された。リリースされた当初から使用に耐えないようなバグが多数発見され、念願のアップデートが配布されたと思ったら圏外になるバグが発生「すべての設定をリセット」で「iCloud Drive」上のデータが強制削除されるバグなども話題になっていた。

このままでは「iOSの最新バージョンは様子見」という嫌なレッテルを貼られてしまう!この状況を改善すべく、今後Appleはリリース前のiOSバージョンを直営店の従業員に配布する方針であると9To5Macが報じている!

従業員による確認で不具合の早期発見を目指す

Appleは今後リリースを予定しているOSのベータ版をデベロッパー向けに配布しているが、本来はこの段階でOSに関する様々な不具合が発見され、正式リリース前までに修正されることが理想。ただし、現実はそう甘くなく、結果的に多数のバグを含んだまま一般ユーザーの手元に渡ってしまっていた。

今回、直営店の従業員に事前確認をしてもらうことによって、正式リリース時には極力バグが少ない状態で公開されることが期待される

この方針は近々実施される見通し。この先リリースを控えている「iOS 8.2」でも早速直営店の従業員による確認作業が入るかもしれない。

(via 9To5Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー