「iOS 9」の乗換案内機能、リリース時は米国やカナダの一部都市のみ対応

Maps transit ios9
先日、「iOS 9」の純正マップアプリにはようやく乗換案内機能が用意されると伝えられたが、どうやら日本ではすぐには使えないそうだ。残念。


9To5Macによると、iOS 9」の純正マップアプリに追加される乗換案内機能に対応するのはアメリカ国内の6都市とカナダ、ヨーロッパ、中国になると報じている!

次のアップデートで東京は対応する見通し

準備されている乗換案内機能は、アメリカではサンフランシスコやニューヨーク、カナダではトロント、ヨーロッパはロンドン、パリ、ベルリンが対応都市として挙げられている。

北米とヨーロッパに関してはApple独自でデータを集めたものの、中国に関しては既存の契約の都合上、乗換案内情報を取得することができない。よって、中国のデータに関しては長年の付き合いがあるAutoNavi社から集めていると伝えられている。

乗換案内はある意味、日本人が最もモバイルデバイスで使用する機能の1つかもしれない。残念ながら初期リリース時には日本は未対応とされているが、次期アップデートではボストンに加え、東京も追加される見通し。ただし、日本の交通網の煩雑さが原因で見送られる可能性もありそうだ。

Appleは新しい地図アプリを「WWDC 2015」で発表する予定。「iOS 9」では「San Francisco」フォントを採用し、HomeKitデバイスを操作するための「Home」アプリが用意され、パフォーマンスと安定性の向上を重要視したアップデートになると言われている。iPadは画面分割マルチタスクがついに披露されると噂されている。

(via 9To5Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー