【iOS 10】Safariで開いているタブを一括で削除する方法

Delete All Tabs on Safari 01
一括で削除できるというのは非常に便利だ。「iOS 10」からは通知センターに溜まった通知を「3D Touch」1つでガツンと消すことができる。


今回紹介するのはSafariで開いているタブを一括で削除する方法。自分で自ら新規タブを開くことは少ないはずが、なぜか気付いたら大量のタブが溜まっていた、なんてことないだろうか。「iOS 10」からはそれらを簡単に消すことができる!

新規タブボタンを長押しで「◯◯個のタブを閉じる」

Safariで開きすぎた大量のタブを閉じる方法は、Safariの右下にある新規タブボタンを長押しすることによって表示される。「新規タブ」の下に「◯◯個のタブを閉じる」というメニューが表示されているはずなので、これをタップしましょう。現在表示されているタブ含めてすべてのタブが一気にグッバイ!


iPadでも同じ。「iOS 10」が動作するiPadは新規タブボタンの長押しで開いているタブをすべて閉じるメニューが表示される他、「Split Viewを開く」という項目が追加。Safariのウィンドウを横並びで2つ表示させることができる。
IOS 10 iPad tips
通知同様、Safariのタブは知らず知らずのうちに溜まりがち。Safariを使ってブラウジングすることが多い人は上記方法で定期的にタブを一括削除するべし!

オススメ
Delete-All-Tabs-on-Safari-01.png

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. iPhone-6s-In-Depth-Review-15.jpg
    「iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合、製造工程に問題があったと判明
  2. macbook-pro-2016-gpu-freaking-out
    「MacBook Pro (Late 2016)」のGPUに関する不具合、影響範囲が拡大中
  3. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  4. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. Mac-Storage-Technique.jpg
    【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法