Wi-Fiが不要に!「iOS 8」では「Apple TV」とP2P接続でAirPlayを利用可能に!

iOS 8 peer to peer
無線LANがない環境でも今後は「Apple TV」と直接通信をしてAirPlayを楽しむことができる!


iOS 8」からはWi-Fiが無くてもApple TV」に対してP2P(ピアーツーピアー)通信で「iOS 8」デバイスからAirplayが利用できることが明らかになった!

AirDropでも採用!PSP(ピアーツーピアー)通信で接続!

Wi-Fiがなくても「Apple TV」とAirPlayが利用できる。一見大したことのない機能であるようにも思えるが、よくよく考えると無線LANが不要になるということは意外と便利なのだ。

例えば、外の会議室にある「Apple TV」に対して接続したい場合、これまでは無線LANに接続した上で利用する必要があった。多くの場合はWEPキーが設定されているため、該当するSSIDを探しWEPキーを入力してから初めて利用できるなど、使いはじめるまでに掛かる手間が多い。

P2P接続であることによって範囲内に「Apple TV」があることによって簡単に接続することができる。この技術を採用したことによって、簡単に接続できるようになることが期待される。ちなみに「iOS 7」から提供されているAirDropでもP2P通信は利用されている。

あなたがまだ知らない、「iOS 8」の “隠された機能” 10選 | gori.me(ゴリミー)

(via 9To5Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告