「iOS 9」、アップデートするための空き容量が足りない場合、一時的にアプリを削除する機能を提供

New in iOS9
これからのiOSは8GBモデルや16GBモデルなど、ストレージ容量が限られたiPhoneを持っている人にも優しい!


iOS 9」ではアップデートするための空き容量が不足している場合、一時的にアプリを削除する機能が用意されていることが明らかになった!

一時的に削除したアップデート後、自動的に復活する

これは本日配信開始された「iOS 9 beta 2」にアップデートした一部のユーザーの間で明らかになったこと。ストレージ容量が不足している場合、「iOS 9」はその状況を自動的に把握し、内蔵されている一部のアプリを一時的に削除し、アップデートするに必要な容量を確保してくれる。


この機能の素晴らしいところは容量確保の必要性を知らせてくれるだけではなく、アップデート完了後、削除したアプリを自動的に復活させてくれるということ。アプリ内のデータは全て保持されたまま、ホーム画面に戻ってくるそうだ。

これまでは最新バージョンにアップデートするための空き容量が足りなかった場合、自らアプリや写真・動画などを削除する必要があったが、今回はその状況を自動的に判別してくれるだけではなく、削除したアプリを復活させてくれるという機能付き。低容量モデルでも快適に最新バージョンにアップデートできそうだ。

(via 9To5Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. 15インチ型「MacBook Pro」の動画編集性能を2016/2015モデルで比較ーーFinal CutとPremiere Pro
  3. 【レビュー】実際どう?超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(2/3)【Sponsored by Sony】
  4. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール4日目の特選品
  5. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!