【レビュー】Logicool製「iPad Pro」用キーボードは打ち心地が絶妙!バックライト付きで格好良いが、重すぎる

Logicool CREATE Keybaord for iPad Pro
「iPad Pro」を入手した初日、自慢したい欲を抑えきれずにその日の飲み会に持参することを決めた。スカスカの電車に乗り、早速「iPad Pro」を取り出して使って適当にTwitterのタイムラインを眺めつつ、直前に公開した記事を読み直していた。巨大なディスプレイではあるが、「Split View」を活用する上ではこの広さは重要だと感じた。


突然、知り合いからFacebookメッセージが届いた。メッセージを開き、返信しようとしたところ、まるで指が届かないことに気がついた。縦向きで持っても、横向きで持っても、親指だけで操作しようとしても、指が届かない!

片手で持ちながら操作することもできるが、遅い。膝の上に置いて両手で打つにしても「Smart Cover」を付けていなかったので傾斜がなく、滑り落ちてしまう恐れがあった。

そうか、iPad Proはキーボードを使うことが前提のデバイスなのかもしれない!

そう思った僕はただでさえ遅刻していた飲み会とは反対方向に向かい、Apple Storeで「Logicool CREATE Backlit Keyboard Case for iPad Pro」を入手。

Smart Keyboard」よりもたった1,000円しか安くないという価格に躊躇しつつも、実際に使ってみてその使い勝手や操作性を試してみたので、参考にどうぞ!

iPad Pro」並の重さがネック!ケースの質感は上々

「iPad Pro」は箱から取り出した瞬間にその大きさに衝撃を受けたが、「Logicool CREATE Backlit Keyboard Case for iPad Pro」は箱から取り出した瞬間にその重さに衝撃を受けた。調べてみるとなんと725gもある。僕が購入した「Wi-Fi + Cellular」モデルの重さは723g。なんと本体よりも重いという衝撃のアクセサリーだ。
Logicool CREATE Keybaord for iPad Pro
どちらかと言うとケース一体型キーボードに近く、上半分に「iPad Pro」をはめ込み、「Smart Connector」に接続した状態でキーボードを使う仕様となっている。持ち運ぶ時はノートパソコンのように折り畳むことができる。
Logicool CREATE Keybaord for iPad Pro
キーボードは「MacBook Air」や「MacBook Pro」のものと非常に似ている。見た目だけではなく打感も意識しているようで、打ち心地は極めて良好。キータッチの浅い12インチ型MacBookのキーボードが苦手な人であれば、このキーボードの打ち心地の良さに感嘆するかもしれない。
Logicool CREATE Keybaord for iPad Pro
15インチ型「MacBook Pro Retina」と並べてみたところ。キーの形状からキータッチまで、非常によく似ている。
Logicool CREATE Keybaord for iPad Pro
一見、基本的なキー配列も同じであるように見えるかもしれないが、ホームボタンや画面ロック用のキーが用意されているなど、「iPad Pro」で使うことを前提とした作りになっていることが分かる。
Logicool CREATE Keybaord for iPad Pro
参考に「Magic Keyboard」と並べてみた。
Logicool CREATE Keybaord for iPad Pro
右下には「Logicool」のロゴがある。また、キーボードの周りが凹んでいるデザインは「MacBook Air/Pro」を意識したデザインかもしれない。
Logicool CREATE Keybaord for iPad Pro
キータッチは「MacBook Air/Pro」に近く、「Magic Keyboard」ほど浅くはない。
Logicool CREATE Keybaord for iPad Pro
「Smart Connector」に対応したキーボードとなっているため、「iPad Pro」とのペアリング作業やキーボード本体の電池切れなどの心配は不要。繋げるだけで即座に使いはじめることができる。誰もが悩まずに使いはじめることができる、極めて便利な仕様であると改めて実感した。
Logicool CREATE Keybaord for iPad Pro
ふと「Smart Connector」の強度が気になり持ち上げてみたところ、「iPad Pro」と分離することなくそのままの状態で付いてきた。近づけると吸い付くように装着できることから、そこそこのマグネットが搭載されているようだ。
Logicool CREATE Keybaord for iPad Pro

「iPad Pro」をキーボードに取り付けてみた

続いて「iPad Pro」を取り付けた状態で「Logicool CREATE Backlit Keyboard Case for iPad Pro」を紹介する!

ケース部分は上質なファブリック素材が採用されている。触り心地も良い。
Logicool CREATE Keybaord for iPad Pro
「iPad Pro」を取り付け、開いてみたところ。実際、12インチ型MacBookよりも存在感がある。傾斜は2段階変更することができるが、1つは90度に限りなく近い角度になっているので、基本的にはもう1つの角度を活用することになるだろう。ケース側に音量ボタンやスリープボタンが用意されているため、ホームボタンが右側に来るように取り付けるしかない。
Logicool CREATE Keybaord for iPad Pro
Logicool CREATE Keybaord for iPad Pro
Logicool CREATE Keybaord for iPad Pro
真横から見たところ。「iPad Pro」の上半分(縦向きに持った時の右半分)のみがカバーされている。


電源ボタンはカバーに覆われているのだが、このボタンは物凄く押しづらくなる。キーボードを取り付けてしまえば気にならないかもしれないが、もう少し押しやすくしてくれても良かったのではないかと思う。
Logicool CREATE Keybaord for iPad Pro
音量ボタンも同様。見やすく、分かりやすいが、押しにくい。
Logicool CREATE Keybaord for iPad Pro
キーボード一体型ケースとなっているため、キーボードを使わずに操作したい時は都度ケースを外す必要があるのではないかと思ったが、「Smart Connector」に取り付けていた部分をそのまま下に持ってくることによってタブレット型デバイスに変身することを発見!
Logicool CREATE Keybaord for iPad Pro
程良い傾斜も付くため、「Apple Pencil」を使いながらの作業も問題なくできる。
Logicool CREATE Keybaord for iPad Pro

無駄にバックライト付き!MacBook風でオシャレ!

Smart Keyboard」にはなく、「Logicool CREATE Backlit Keyboard Case for iPad Pro」にはある機能、それがキーボードのバックライト
Logicool CREATE Keybaord for iPad Pro
無くても良いが、あると格好良い。そんなニッチなニーズを満たしてくれる仕様には興奮した。
Logicool CREATE Keybaord for iPad Pro
格好良いだけではなく実用性もある。通常のキーボードとキー配列は似ているものの、「iPad Pro」用のキーがいくつか用意されているため、これらのキーを暗い場所でも正確に押すためにはバックライト付きの方が便利である。なんという正当化。
Logicool CREATE Keybaord for iPad Pro

自宅でノートPC代わりに使う人なら良い選択肢かも?

Logicool CREATE Keybaord for iPad Pro
Logicool CREATE Backlit Keyboard Case for iPad Pro」は打ち心地も良く、バックライトも格好良いのだが、いかんせん重い。

「iPad Pro」と組み合わせるとその重さはなんと1.448kg。12インチ型MacBookは0.92kg、11インチ型「MacBook Air」は1.08kg、13インチ型「MacBook Air」は1.35kgとなっている。あやうく13インチ型「MacBook Pro Retina」の重さを超えるところだった。

「iPad Pro」+
Logicool製キーボード
12インチ型
MacBook
11インチ型
MacBook Air
13インチ型
MacBook Air
13インチ型
MacBook Pro Retina
1.448kg0.92kg1.08kg1.35kg1.58kg

実際に購入し使ってみた感想としては、「iPad Pro」を自宅でノートパソコン代わりに使おうと思っている人であれば良い選択肢かもしれない、と感じた。このケースを取り付けることによって携帯性を失う代わりに生産性は高まるため、特に「iPad Pro」で文字入力をする機会が多い人は作業効率が一気に上がるだろう。タッチ操作モードに切り替えることも簡単なので、「Apple Pencil」でお絵かきをしたい時も困らない。

相変わらず「iPad Pro」の使い方を模索する日々が続いているが、「Logicool CREATE Backlit Keyboard Case for iPad Pro」と使うことによって「iPad Pro」という存在が一気にパワーアップすることはよく理解できた。ただ、持ち運ぶ上ではあまりにも重すぎる。この組み合わせなら確実に12インチ型MacBookの方が良いだろう。

なお、Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)によると、「Smart Keyboard」の重さは334g。「iPad Pro」を頻繁に持ち運ぶことを考えているのであれば純正キーボードの方が使い勝手が良いかもしれない。


 新しいiPadはApple公式サイトから購入するべし!iPadを比較して好みのモデルをゲット!

  • 学生・教員・PTA役員限定 ▶ 学生・教員向けストア

  • オススメ
    Logicool-CREATE-Keybaord-for-iPad-Pro-04.jpg

    gori.meの最新情報をチェック!!

    1. iPhone-6s-In-Depth-Review-15.jpg
      「iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合、製造工程に問題があったと判明
    2. Pakutaso-Beer-Sake-Girl.jpg
      お酒のカロリーと糖質ランキングが公開!ハイボールは優秀、ビールはNG
    3. delete-iphone-else-top.jpg
      【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
    4. iphone6s-shutdown.png
      Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
    5. Mac-Storage-Technique.jpg
      【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法