廉価版iPad miniが2014年に発表される?!Retinaディスプレイ搭載モデルの発表も来年以降に?!

Budget ipad mini
廉価版iPhoneに加えて、今度は廉価版iPadが発表される?!

KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏によると、iPad miniの次期モデルは今年発表されないと予想している。その代わりに、来年はRetinaディスプレイ搭載のiPad miniが登場する他、廉価版とも言える価格を現行モデルより抑えたiPad miniが併せて発表されると言っている!

廉価版iPad miniは最短で今年の12月に発表される?!

今年中に発表される説されない説で行ったり来たりしているiPad miniのRetinaモデルだが、Kuo氏によると技術的な問題によって今年中は発表されないとしている。Retinaディスプレイを搭載することによって消費電力が上がってしまうため、最低でも現行モデルと同等の電池持ちを実現するための方法を模索しているようだ。

今回、新たな噂として廉価版iPad miniの存在が浮上した。廉価版と言いつつも、それほど価格は低くならない見込み。同氏によると、同モデルは現状の生産状況からすると最短で今年の12月に発表できるが、価格差もなく機能的に現行モデルを上回ることも無さそうなので、来年発売されるであろうRetinaモデルと同時に発表するのではないかとコメントしている。

Kuo氏の言っていることが仮に正しいとすると、iPhone 4を発表した時に前モデルであるiPhone 3GSを低価格モデルとして位置づけたのと同じことをiPad miniでも実施するのではないだろうか。可能性としては十分ありえる。

7.9インチモデルが来年以降の発表になってしまう一方で、9.7インチモデルのiPadは早ければ今年の9月に発表されるようだ。次期モデルは薄型化され軽量化されることで間違いないだろう。

年末商戦に向けて何を投入するかによって売上に大きく影響するであろう、秋の発表。果たして今年発表されるiPadシリーズは9.7インチモデルだけになるのだろうか。

(via AppleInsider

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー