「iPad Air 2」、「iPad Air」よりもバッテリー容量が少ないことが判明!NFCチップも搭載!

Ipad air 2 teardown 【img via iFixit

旧モデルと比べたが電池容量は減ったが電池持ちは同じ。電力効率を上手く向上させることができたのだろう。


iFixitが公開した分解レポートによると、iPad Air 2」は「iPad Air」よりもバッテリー容量が少ないことが判明した!

iPad Air 2」は27.62Wh、「iPad Air」は32.9Wh

「iPad Air」と「iPad Air 2」はそれぞれ電圧3.75Vのバッテリーを使用している。「iPad Air」は32.9Whだったのに対し、「iPad Air 2」は27.62Whと容量が減っていると発表している。

余談になるかもしれないが、僕は普段見慣れていない「Wh」という単位からバッテリー容量の単位で見かけることの多い「mAh」に変換する方法を知らなかったので調べてみたところ、以下のように算出するとのこと。

〔Wh〕÷〔電圧(V)〕×1,000=〔mAh〕

よって、「iPad Air 2」のバッテリー容量は約7,365mAh、「iPad Air」のバッテリー容量は約8,773mAhということになる。つまり、両モデル間では実に1,408mAhの差がある。

その事実にも関わらず、「iPad Air 2」は「iPad Air」と同等の駆動時間を実現。しばらく充電しなくても使い続けることがiPadの魅力でもあると思っているので、電池容量が減っても10時間使い続けることができるのは非常に心強い。

他にもやはり2GBのRAMが搭載されていることや、「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」同様のNFCモジュール(NXP 65V10)が搭載されていることも判明した。

(via iFixit

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Super Mario Run、セキュリティ上の理由でオフラインモードは提供せず
  2. 「AirPods」の発売遅れ、理由は技術的な問題?量産の問題?
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【サイバーマンデー】Ankerの人気モバイルバッテリーやUSB急速充電器、高耐久ケーブルが特価販売中!
  5. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール5日目の特選品