新型「iPad mini」の初回出荷台数が少ない原因はシャープ?!Retinaディスプレイの供給が間に合っていない?!

Apple iPad mini retina
シャープよ、お前のせいだったのか…。

先日、新型「iPad mini」は初回出荷分の在庫が限りなく少ないと伝えたが、その原因はSHARPにあるDigitimesが報じている!

新型「iPad mini」用ディスプレイの供給量のうち、SHARPが4割担当

新型「iPad mini」最大の特徴はやはり旧モデルより大幅に高画質化したそのRetinaディスプレイ。これの供給が間に合っていないため初回出荷台数が極めて少ないと予想されるが、供給量の40%を占めるSHARPの生産が追いついていないことが原因となっているようだ。なお、残りの60%はLG電子が担当しているとのこと。

ちなみに薄型化・軽量化に成功した9.7インチモデル「iPad Air」用ディスプレイはLG電子が60%、Samsungが40%を供給しているようだ。

新型「iPad mini」は初回出荷分の在庫が限りなく少ない?!ホリデーシーズンの需要を満たせるか危ういらしい! | gori.me

(via Digitimes

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告