【レビュー】Ankerから「iPhone 6/6 Plus」用タフケース「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」が登場!

Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case
iPhone 6 Plus」にしてからかれこれ3ヶ月近く経とうとしているが、やはりこのiPhoneは大きい。これは紛れもない事実だ。「Nexus 5」を使っていたので、「iPhone 6」は絶妙なサイズだと思っているが、これまでの4インチサイズに慣れている人ほど大きいと感じる人も少なくないだろう。

大きすぎると必然的に持っていても不安定になりがち。「iPhoneを変えてから落としまくっている」という人もいるのではないだろうか。


「落としても傷つかない頑丈なケースが欲しい」。そんな要望に応えてか、Ankerからタフケース「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」が登場した!落下試験済みポリカーボネートシェル、弾力性のあるTPUバンパー衝撃吸収仕様に加え、前面もフルカバーしているので、大きな落下や強い衝撃からも守ってくれる。

先行して商品を送って頂いたので早速紹介する!


「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」の外観をチェック

まずはAnker製タフケースの外観をチェック。第一印象としては、思っていたほどのゴツゴツさはなかった。「iPhone 6 Plus」が従来のモデルに比べて大幅に薄くなったため、耐衝撃の分厚いケースでもそれほど厚くする必要がなくなったのかもしれない。本体の重さは60g
Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case
本体下部にはイヤフォンジャックとLightningポートを埃から守るためにストガードが付いている。IPX3相応の防水機能にも対応している。
Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case
音量ボタン側をチェック。
Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case
ミュートボタン用の穴が用意されていて、音量ボタンは覆われている。ボタンの押し心地は非常に固い。
Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case
別の角度から。
Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case
端末上部。スリープボタンが側面に移動したので、何もない。
Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case
端末の右側。
Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case
スリープボタンが用意されている。こちらも比較的固い押し心地。
Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case
ホームボタンはくり抜かれている。
Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case
各種マイクやカメラ用の穴は開いている。
Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case
続いて裏側をチェック。ソーラーパネルのようなデザインをしていて強そう。
Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case
下の方にはAnkerのロゴが。
Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case
カメラホールも十分に空いている。
Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case

iPhone 6 Plus」に取り付けてみた

それでは早速「iPhone 6 Plus」に取り付けてみることに!まずは左上側から画面を保護する前面のケースと背面を保護するシェルを分離させる。
Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case
分離完了!
Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case
一般的なケースであれば背面側にはめ込むシェルにiPhoneを入れてしまうと思うが、このまま入れると「iPhone 6 Plus」がケースに対してブッカブカ。手順としては前面のケースをiPhone本体に取り付けてから背面シェルを取り付ける流れになっている。お間違いの無いように!
Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case
という訳で、前面ケースを取り付けてみることに。
Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case
取り付けてみた!音量ボタンがある関係で左側からはめ込むと簡単に収まる。
Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case
音量ボタンもフィット。ミュートボタンもしっかり見えている。
Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case
これだけでケースとして成り立ちそう。
Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case
続いて前面ケースを取り付けたiPhone本体を背面シェルにはめ込む。
Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case
完成!
Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case
「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」を取り付けた「iPhone 6 Plus」ができあがった!
Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case
ホームボタンも押しやすく作られているのは良い。
「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」
今回は保護シートを付けたままケースを付けてみたが、特に問題なく使うことができた。
「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」
カメラもケースの厚みで守られている。
Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case
ただ、さすがにタフケースということもあり、大きい「iPhone 6 Plus」がさらに大きくなってしまうのは事実。
Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case
厚さもやはり増してしまう分、ポケットの中に収めるのは難しいかもしれない。
Anker「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」Glaze Case
それでもタフケースを取り付けている安心感は大きい。一応IPX3相応の防水仕様基準を満たしていると伝えたが、日経トレンディネットによると「防雨形鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない」という保護の程度であるため、風呂などに持ち込んでジャブジャブ水を浴びさせてしまっては即故障だ。

今の季節で想定される利用シーンはやはり雪山だろう。スノボ・スキーをしている時にiPhoneを持ち歩く人も多いと思うが、さすがにそのまま持ち歩くのは危険だ。特に手袋などをして指先がより一層不安であるからこそ、高いグリップ力を持つ「スクリーンプロテクタ内蔵強力保護ケース」は魅力的。本体も60gと非常に軽量であることもありがたい。

今回は「iPhone 6 Plus」用を紹介したが、もちろん「iPhone 6」用も用意されている。年末年始に雪山で暴れる予定のある人はこの機会に購入してみてはいかがだろうか。



タフなケースを付けるならタフなモバイルバッテリーもセットでどうぞ!


オススメ
Anker-Glaze-Case-3.jpg

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. iPhone-6s-In-Depth-Review-15.jpg
    「iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合、製造工程に問題があったと判明
  2. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  3. macbook-pro-2016-gpu-freaking-out
    「MacBook Pro (Late 2016)」のGPUに関する不具合、影響範囲が拡大中
  4. 25-more-hidden-ios10-features.png
    「iOS 10.2 Beta 5 / Public Beta 5」、配信開始
  5. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法