Anker、同社初となるコードレス掃除機「HomeVac Duo」を発表!サイクロンシステム搭載、24分間使用可能

Anker HomeVac Duo

自動掃除機ロボットは便利だが、家によっては活用できない。そもそも1人暮らしをしていて自動掃除機ロボットを走らせるほどの広さがなかったり、ペットと暮らしている関係で何をやらかすか分からない、など。

本日、家電製品に新規参入を表明したAnkerは自動掃除機ロボットだけではなく、同社初となるコードレス掃除機「HomeVac Duo」を発表した!

特徴はスティックモードとハンディモードの使い分けができる2-in-1タイプであるということ。リビングを掃除する時はスティックモード、机のホコリを取る時はハンディーモードに切り替えて持つことができる。

ホコリの大きさによって分別する最新のサイクロンシステムを採用していること、そして吸引力を維持したまま約24分間(エコモードの場合約60分間)の連続使用が可能であることも「HomeVac Duo」の強み。

掃除するための器具自体が汚れていては意味がない。ダスト容器、フィルター、ブラシなどすべて取り外し可能で、水洗いできる点は素晴らしい。

発売開始は6月11日(土)10時から。当日は発売を記念して通常価格の20%オフである11,016円で販売予定!在庫がなくなり次第終了となっているので気になる人は当日張り付いておくべし!

専用充電台も用意、アームも折り畳み可能で省スペース

掃除機の肝は吸引力だ。吸引力がなければ使うだけ無駄。掃除のできない掃除機なんて買うだけ無駄だ。

Ankerとして初のコードレス掃除機「HomeVac Duo」に搭載されている最新のサイクロンシステムはホコリの大きさによって分別することができるとのこと。使用中は吸引力を落とさずに徹底的にゴミをサイクロン状に吸い上げる。
Anker HomeVac Duo

個人的に良いと感じているのはスティックモードとハンディモードを簡単に切り替えできる点。ハンディー型の装置がステック型の装置に埋め込まれた形になっているため、取り外せば机の上を掃除でき、取り付ければそのまま床も掃除することができる。便利だ。
Anker HomeVac Duo

電池持ちもAnkerの技術を駆使しているのか、長持ち。通常の吸引力であれば24分間使用することができ、エコモードで使用しても最大60分間もの連続使用が可能。24分もあれば十分に掃除をすることができるだろう。
Anker HomeVac Duo

個人的に「HomeVac Duo」の気に入っている点は省スペースであることと、手入れが簡単なこと。まず、ハンドル部分は折り畳むことができ、専用の充電台に縦向きに載せることができるため、部屋の片隅に置いておいても邪魔にならない。壁に打ち付けないと立て掛けられないダイソンの「DC62」とは大違いだ。
Anker HomeVac Duo

また、ダスト容器、フィルター、ブラシなどがすべて水洗いできる点も素晴らしい。汚い掃除機で掃除をするのが嫌で嫌で仕方がないので、この点は非常に助かる。
Anker HomeVac Duo

冒頭でも紹介した通り、発売開始は6月11日(土)10時から。当日は発売を記念して通常価格の20%オフである11,016円で販売予定!気になる人は要チェックだ!


Anker HomeVac Duo
入力AC 100 240V 50/60Hz
出力27V / 0.5A
サイズ約26cm × 19cm × 117cm (折り畳み時の高さ:69cm)
重さ約2.8kg

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. 15インチ型「MacBook Pro」の動画編集性能を2016/2015モデルで比較ーーFinal CutとPremiere Pro
  3. 【レビュー】実際どう?超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(2/3)【Sponsored by Sony】
  4. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール4日目の特選品
  5. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!