【レビュー】「GRAVITY CASTRUM for iPhone 6 Plus」はワンランク上のバンパーケース!無理なくホールドできるグリップ感が素敵

GRAVITY CASTRUM iPhone 6 Plus
iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」は今までよりも高級感のあるデザインになった。アンテナラインは買った当初は気になっていたが、今となっては全く気にならない。慣れとは不思議だ。


昨日は持ち心地抜群の純日本製のケース「AndMesh Mesh Case」を紹介したが、今回はウルスのアルミニウム合金を採用した高級感溢れる「iPhone 6 Plus」用バンパーケース「GRAVITY CASTRUM」を送って頂いたので、紹介する!

高級感とグリップ感を兼ね揃えたバンパーケース

GRAVITY CASTRUM」を作っているウルスはこれまで「iPhone 6」用バンパー「iPhone 5/5s」用バンパーを出している。どれも高級感のあるバンパーケースとして人気がある。

まずは組み立て方を紹介する!

「GRAVITY CASTRUM」の組み立て方/取り付け方

「GRAVITY CASTRUM」は他のiPhoneケースと異なり、取り付けるまで多少の手間が掛かる。手間がかかる、と言ってもネジを2本締めるだけなので大した作業ではないが、今後買う人のために「iPhone 6 Plus」に取り付ける方法を紹介する!

まず、こちらが含まれる部品一覧。バンパーケース本体の他、ネジが2本、ドライバーそしてブラシが付属する。最初は何のためにあるのか分からなかったブラシだが、左右の側面にあるギザギザ部分に溜まる埃を掃除するためのものであるようだ。お手入れ、大事!
GRAVITY CASTRUM iPhone 6 Plus
このように上下でパーツが分かれている。
GRAVITY CASTRUM iPhone 6 Plus
まずは上半分を取り付けてみる。
GRAVITY CASTRUM iPhone 6 Plus
続いて下半分を取り付けてみる。この時点で実は取り付け方を間違えているのだが、それは後ほど解説する。
GRAVITY CASTRUM iPhone 6 Plus
左右にネジを指す穴があるので、ここに同梱されている極小ネジを極小ドライバで締める。
GRAVITY CASTRUM iPhone 6 Plus
ネジがウルトラ小さい。無くさないように取り扱いは注意しましょう。
GRAVITY CASTRUM iPhone 6 Plus
こうして締める。
GRAVITY CASTRUM iPhone 6 Plus
反対側も締める。
GRAVITY CASTRUM iPhone 6 Plus
これで「GRAVITY CASTRUM」が「iPhone 6 Plus」に取り付け完了……だと思っていた。
GRAVITY CASTRUM iPhone 6 Plus

取り付ける方向に注意!左右が逆だった……

「GRAVITY CASTRUM」を取り付けてみると確かに「ワンランク上」という雰囲気が出ている。高級感のあるバンパーケースであることは間違いなさそうだ。
GRAVITY CASTRUM iPhone 6 Plus
早速端末を下から撮って……あれ?何かがおかしい。Lightningポートはまだしもイヤホンジャックが刺さらない……ということは……
GRAVITY CASTRUM iPhone 6 Plus
間違ってました。下半分を取り付けた時に、左右逆に取り付けていました。ナンテコッタイ。正しい完成バージョンはこちら

正しく「GRAVITY CASTRUM」を取り付けた「iPhone 6 Plus」の外観をチェック

GRAVITY CASTRUM iPhone 6 Plus
この通り、下から見てもLightningポートは当然のこと、イヤホンジャックもスピーカーグリルもしっかりと露出している。
GRAVITY CASTRUM iPhone 6 Plus
スリープボタン側から見た様子。
GRAVITY CASTRUM iPhone 6 Plus
スリープボタンはボタンの左右に隙間ができ、非常に押しやすくなっている。
GRAVITY CASTRUM iPhone 6 Plus
上はシンプル。「iPhone 6 Plus」が出るまで端末上部からスリープボタンが無くなることに否定的だったが、やはり何も無い方がシンプルでいいなあ。
GRAVITY CASTRUM iPhone 6 Plus
音量ボタン、マナーモードスイッチ側。
GRAVITY CASTRUM iPhone 6 Plus
こちらもそれぞれのボタンがしっかりと用意されているため、非常に押しやすい。
GRAVITY CASTRUM iPhone 6 Plus
後ろから見た様子。「GRAVITY CASTRUM」は合計6色用意されているが、今回僕が試したのは「シルバー×ライトグレー」。
GRAVITY CASTRUM iPhone 6 Plus

高級感があるだけではなく、グリップ感が増すデザイン

GRAVITY CASTRUM iPhone 6 Plus
「GRAVITY CASTRUM」の魅力は高級感のあるバンパーデザインだけではない。グリップ感を意識した形状となっているため、あらゆるシーンの利用に耐えるデザインとして仕上がっている。

バンパー部分が全て一定の厚さではなく、実際に手を持つところが凹んだ作りになっていることが「iPhone 6 Plus」を持ちやすくしているようだ。

GRAVITY CASTRUM iPhone 6 Plus
ただ、「iPhone 6 Plus」用ケースとして1つだけ気にしなければならない点がある。

カメラ部分をカバーできるほどの厚みはない

GRAVITY CASTRUM iPhone 6 Plus
それは「iPhone 6 Plus」ならびに「iPhone 6」の新しいデザインによって突起してしまったカメラ部分を守ることができないということ

GRAVITY CASTRUM iPhone 6 Plus
写真で見て分かるかどうか分からないが、バンパー部分よりもカメラの突起部分の方が高さがあり、平面に置くとカメラが当ってしまう。バンパーケースなので仕方がない部分もあるが、カメラ部分の接触を気にする人は念頭に置くべし。

GRAVITY CASTRUM iPhone 6 Plus
高級感溢れる、ワンランク上の「iPhone 6 Plus」用バンパーケース「GRAVITY CASTRUM」。今回紹介したのは「シルバー×ライトグレー」だが、他にも「シャンパンゴールド」「ブラック×ワインレッド」「ブラック×ダークグレー」「シルバー×ワインレッド」「シルバー×ブルー」の合計6色が用意されている。

人と違ったオシャレなケースを付けたいと言う人は、ご検討あれ!「iPhone 6 Plus」用「GRAVITY CASTRUM」はオンラインストア限定の販売!気になる人は以下からどうぞ!

オススメ
GRAVITY-CASTRUM-iPhone-6-Plus34.JPG

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  3. Devices-All-Logo.png
    Mac用メールアプリの決定版!「Spark for Mac」が正式リリース
  4. Sony-Life-Space-UX-22.jpg
    【レビュー】今話題!超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(1/3)【Sponsored by Sony】
  5. Mac-Storage-Technique.jpg
    【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法